夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No12 (2019年3月)

 

f:id:natsuakirei:20210301163910j:plain

 

彼女「私は一度も他の男と浮気したことがないのよ、愛してるわ」

彼氏「俺も同じだ、俺も他の男と浮気したことないよ」

 2019/3/1 ♡14

 

禁じられた愛

 

「お兄ちゃん」

「俺、お前が好きだ」

 

「でも兄弟でこんなことするなんて」

「お前が好きなんだ、もう止まらない」

 

「やっぱりダメ」

「いいじゃないか」

 

「あ、いや」

「好きだ」

 

その時、ドアが開いて、一番下の妹が入ってきた。

「和真兄ちゃん、翔真兄ちゃん、何してるの?」

 2019/3/2 ♡8

 

アリとキリギリス

「アリさん、食べものをください」

「いいですよ、キリギリスさん、さあ、どうぞ中にお入りなさい」

「ありがとうございます」

キリギリスが中に入ると、アリたちは寄ってたかってキリギリスを殺してしまいました。

「よし、これで食べものの備蓄がまた増えたぞ」

 2019/3/3 ♡22

 

ウサギとカメ

ウサギとカメが競争しました。

ウサギは途中で居眠りをします。

しかし、カメはひたすら走り続けます。

十分な休養を取ったウサギは再び走ってゴールしました。

一方、休憩なく走り続けたカメは途中で過労死してしまいました。

 2019/3/3 ♡16

 

お婆さんが川で洗濯をしていると、大きな桃がどんぶらこ、どんぶらこ、と流れてきました。

「まあ、なんて大きな桃だろう、気味が悪い」

お婆さんはそのまま帰ってしまい、大きな桃はそのまま流れていってしまいましたとさ。

 2019/3/3 ♡12

 

一寸法師は打ち出の小槌を使って、ぐんぐん大きくなりました。

身長が人並みになったところで、一寸法師は更に打ち出の小槌を股間に向けて振りました。

娘と結婚した一寸法師は幸せに暮らしました。

娘はたいそう、満足したそうな。

 2019/3/3 ♡20

 

本当の浦島太郎 亀に連れられ竜宮城に来た浦島太郎は、そこで美しい乙姫さまと出会いました。

こんな美しい乙姫さまと一緒ならば、陸への郷愁は全然湧きませんでした。

浦島太郎は帰るなどと馬鹿なことは言わずに、いつまでいつまでも乙姫さまと官能的な日々を過ごしました。

めでたしめでたし。

 2019/3/4 ♡13

 

鶴の恩返し

「はたを織る姿を見られては、もうここには居られません、さようなら」

しかし、鶴は羽根を抜きすぎて飛べませんでした。

再び、美しい娘の姿に戻った鶴は言いました。

「あのー、やっぱりここに居させてください……」

お爺さんとお婆さんはいつまでも鶴と幸せに暮らしましたとさ。

 2019/3/4 ♡10

 

雪女

お雪は十人の子どもを産んでも、若くて美しいままだった。

巳之吉は、十人の子どもを産ませても、なおもそんなお雪に夢中であった。

理想的な嫁を持った巳之吉は、お雪が雪女だと気付いていたが、言うような野暮なことはせず、今日もお雪相手に励むのだった。

 2019/3/4 ♡14

 

「お前、今まで何人の女の子と付き合った?」

「付き合ったことない……」

「ははは、だらしねえな、俺はお前の数倍の女の子と付き合ったぜ!」

「え、ゼロの数倍ってゼロじゃん……」

「俺もないんだよ、ううう……(泣)」

 2019/3/6 ♡17

 

女「終電過ぎちゃったね……」

男「仕方ない。ホテル探して泊まっちゃおうか」

女「う、うん……☺️」

男「ここラブホだけど……いい?」

女「う、うん……(ポッ)」

男「じゃあこの部屋にしよう」

女「う、うん……///」

男「君はどの部屋にするの?」

女「えっ?」

 2019/3/7 ♡22

 

男「へー、達也と付き合うことになったんだって、おめでとう」

女「うん、ありがとう」

男「今だから言うけど実は俺も好きだったんだ」

女「えっ…本当?」

男「ああ」

女「ねえ、今ならまだ間に合うかも……」

男「本当?」

女「う、うん…」

男「達也に告白してくる!」

女「えっと……」

 2019/3/7 ♡21

 

「うちのクラスにめっちゃ可愛い子がいるんだぜ!」

「へー、どんな顔?」

新垣結衣新垣結衣を足して、新垣結衣で割ったほどだよ!」

「ん?それ、ただの2……」

 2019/3/8 ♡10

 

女「ねえ、お願い……」

男「……」

女「俊哉、結婚して……」

男「……」

女「お願いだから結婚してよ、俊哉!」

男「……」

女「結婚して、子どもを作って!」

男「うるせえな、お袋!相手がいねえんだからできねえんだよ!」

 2019/3/9 ♡57

 

小学校にあるもの

体育館天井の鉄骨に挟まっているボール

図書室にはだしのゲン

必ず絡まっているブランコの鎖

傘立てにずっとある傘

性器の位置を確認する人体模型

不気味な音楽家達の肖像画

他では見たことがない百葉箱

 2019/3/9 ♡23

 

一人っ子同士の男と女

男「今度、結婚するんだ…」

女「え…」

男「家中、大騒ぎさ」

女「いつから付き合ってたの?」

男「さあ、4年前かな」

女「そ、そんなに、わ、私とのことは遊びだったのね、うわーん」

男「おいおい、なんでお前、うちの親父の再婚に泣いているんだ?」

女「えっ……」

 2019/3/9 ♡24

 

シュレーディンガーの娼婦

「幾らだい?」

「8万円よ」

「高いなあ」

「そのかわり、うんとサービスするわ」

「じゃあ、こうしよう。君が先に逝ったら払わない、僕が先に逝ったら8万円払ってやるよ」

「じゃあ、セックス しないで私に4万円払って…」

 2019/3/10 ♡16

 

神は最初に男性アダムを作り、次に女性イブを作った。

男「神よ、なぜ最初に男を作られたのですか?やはり男が重要と言うことでしょうか?」

神「なに、失敗作じゃ。だがイブはうまく作れたじゃろう」

 2019/3/10 ♡14

 

山田さんと山田君が結婚した。

同姓結婚

 2019/3/11 ♡10

 

イチローが犬を飼っているのは知っている?」

「知っているよ、確か前にテレビに出てた」

「その犬が狂犬だったんだって!」

「え、まさか」

「強肩イチローの狂犬!なんちゃって」

 2019/3/11 ♡5

 

「ホームズ、今君に来客があったぞ」

「ふむ」

「もう帰ってしまったが」

「ワトスン君、そのお客は50代の男で髭を生やしていたね」

「すごい、君の推理力にはいつも驚かされる、どうやって推理したのかね」

「いや、なに、知り合いのマシューズとの約束を今やっと思い出しただけだ」

 2019/3/11 ♡19

 

「おかえり、ホームズ」

「ん?」

「どうかしたのかい、ホームズ?」

「ワトスン君、私の推理が正しければ、上流階級のご婦人の来客があったね、きっと難事件の依頼に違いない」

「?」

「この部屋に残っている香水の匂いからわかるのだよ!」

「ホームズ、ハドスン夫人が掃除に来ただけだよ」

 2019/3/12 ♡15

 

「えー、統計によりますと去年結婚した人数は1,421,061人です」

「そんなバカな!」

「平成29年度のデータですよ」

「お前は、この数字のおかしいことに気づかないのか!」

 2019/3/14 ♡23

 

昔の小学校

ウサギとニワトリを飼っていた

生徒が名札をつけていた

プールに腰洗い槽があった

アルコールランプとアスベスト石綿)付き金網と三脚があった

学校の片隅に焼却炉があった

電話連絡網があった (貰った用紙には名前と電話番号が明記されている)

ブルマ―だった

 2019/3/15 ♡23

 

「やあ、久しぶりだな、奥さん元気かい?」

「離婚したよ」

「あ、ごめん……仕事は順調かい?」

「リストラされ、無職だよ」

「あ、ごめん……あ、お母さんは元気?」

脳梗塞で亡くなったよ」

「あ、ごめん…」

「いや、いいんだ」

「で、君は元気かい?」

「元気なわけねえだろう!」

 2019/3/15 ♡18

 

試験終了まであと5分

秀才 (よし、見落としがないか確認しておこう)

凡才 (くそ、解ける問題を見落としてないかな、トホホ)

 2019/3/15 ♡9

 

妻「パスワードを忘れてしまったわ」

夫「秘密の質問に答えれば大丈夫だよ、俺がやってやるよ」

『世界で1番好きな男性は?』

妻(ヤバ……)

夫「あ、これは俺の名前かな……ハハハ、トシヤ っと…」

『答えが違います』

夫「…………」

 2019/3/16 ♡20

 

「ワトソン君、僕に来客があったそうだね」

「ああ、そうだよ、ホームズ」

「ふむ、おや帽子だ!テーブルに忘れられたこの帽子から推理すると、その男は医者で名前のイニシャルはJ.H だな」

「ホームズ、当たっているが、それは僕の帽子だよ」

 2019/3/16 ♡10

 

ヤンキーが子どもと遊ぶ ➡︎ 子どもに優しいいい人だ!

ヤンキーが母親と一緒に買い物➡︎親孝行のいい子だ!

 

オタクが子どもと遊ぶ➡︎ ロリコンめ!

オタクが母親と一緒に買い物➡︎マザコン

 

なぜなのか?

 2019/3/16 ♡48

 

シンデレラがブスだった

魔法使いのお婆さんの助けでお城の舞踏会に来たシンデレラは、ブスだったので王子に相手にされませんでした。

お城に残されたシンデレラの靴は、片方だったので売ることもできずに捨てられてしまいました。

シンデレラは今でも、継母と姉達にイジメられています。

おしまい

 2019/3/17 ♡6

 

風邪の特効薬

ある博士が、遂に風邪の特効薬を発明したことを発表した。

「博士、その薬を飲めば風邪が治るんですね!」

「そうです、この薬を飲み続けると、誰でも1ヵ月以内に風邪が完治します!」

「……」

 2019/3/17 ♡15