夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No15 (2019年4月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164004j:plain

 

「気を落とすなよ」

「ああ……まあ、そうだな、上を向いていくしかないか」

「ああ、既に最下層にいるから、上しか見ようがないじゃん」

「……」

 2019/4/12 ♡6

 

「あなた、良いニュースと悪いニュースがあるんだけど、どっちから聞きたい?」

「じゃあ、悪いニュースから」

「ごめんなさい、あなた、私浮気してたの……」

「な、なに!………それじゃあ、良いニュースは?」

「喜んで!私、赤ちゃんができたみたいなの」

 2019/4/12 ♡20

 

医師「良いニュースと悪いニュースがあります、どっちから聞きたいですか?」

患者「じゃあ、悪いニュースから」

医師「あなたは癌です」

患者「な、何!……じゃあ、良いニュースは?」

医師「安心してください。陰茎癌ですから、陰茎を切り取れば大丈夫ですよ」

患者「し、死にたい……」

 2019/4/12 ♡17

 

「あなた、良いニュースと悪いニュースがあるの」

「良いニュースから聞きたい」

「大翔がね、初めて喋ったの……」

「本当か!嬉しいなぁ………で、悪いニュースって?」

「最初に言った言葉がチンポなの…」

 2019/4/12 ♡11

 

アップル「良いニュースと悪いニュースがあります」

ユーザー「良いニュースは?」

アップル「新しい Mac Pro を発売することになりました」

ユーザー「うおおおーーーーー、で、悪いニュースは?」

アップル「純正ディスプレイはありません」

ユーザー「Oh my God ………」

 2019/4/12 ♡5

 

神さまが男の前に現れて言った。

「願い事を三つ言うが良い。聞いてやろう」

「本当ですか、なら、金持ちになりたい、彼女が欲しい、遊んで暮らしたいです」

「ふむ、確かに三つの願い聞いたぞ、なに、意識調査じゃ」

と言って、神さまは消えた。

 2019/4/13 ♡11

 

朝日新聞は本当に役に立ちます。

野菜を包んだり、天ぷらの油処理に使ったり、緩衝材にしたり、 もちろんゴキブリ退治にも大活躍。

唯一の欠点は、古紙にしては値段が高い。

 2019/4/13 ♡51

 

7月7日

「彦星!」

「織姫!」

「今日は話したい事があるの」

「なんだい?」

「私、赤ちゃんができたみたい……」

「何!」

 2019/4/14 ♡14

 

「うわ、お兄ちゃん、凄く勃ってる」

「ああ、元気な証拠さ」

「私、こんな近くで見たの初めて」

「どうだ、触りたいだろう」

「う、うん………触っていい?」

「いいぜ、優しくな」

妹は兄の家に来て、兄が飼い始めた猫の尻尾を触った。

 2019/4/15 ♡17

 

婦人がお店で服を選んでいた。

「こちらの服はどうでしょうか?着ると10歳は若返って見えますよ」

「そう、それじゃあ試着しようかしら」

……

「まあ、10歳は若返りましたよ」

「それじゃあ、何歳に見える?」

「そ、それは………」

 2019/4/16 ♡17

 

「お隣さん、また赤ちゃんができたんですって。隣のご主人、頑張るわ」

「ふーん」

「なのに、何よ、あんたは!いつも疲れただの言って、隣のご主人を見習って!」

「そりゃあ、隣の奥さんだったら俺もがんばるよ」

「○×△※$>>>!」

 2019/4/16 ♡22

 

「おい、俺の事を占ってくれ。その前に、俺は占いを信じないたちなんだが、俺の事を当ててみたら信じてやる」

「そうですね、まずあなたにはお子さんが一人いますね」

「初めから外れだ。子どもは二人だよ、ははは」

「あなたがそう思っているだけでしょ?」

「えっ…」

 2019/4/16 ♡23

 

「父さん、どうしたらいいの。子どもができちゃったみたい」

「なに、相手は誰だ」

「近所の須藤さんのところ」

「あの家か、あのボンクラ息子め!」

「えっ?」

「なんであんな奴と!」

「なんか勘違いしてない?犬のメリーの話よ」

 2019/4/17 ♡10

 

桃太郎の持っていたきびだんごは、あんまり美味しくなかったので、犬と猿と雉を家来にできませんでした。

一人で鬼ヶ島に行った桃太郎は、鬼に負けてしまい、逃げ帰ったそうです。

 2019/4/17 ♡5

 

「たまには今度外で食事しないか?」

「あら、本当?嬉しいわ」

「それじゃあ、僕は次の土曜日に行くから、おまえは日曜日にしなさい」

「……」

 2019/4/17 ♡6

 

「占い師さん、私を占って」

「いいでしょう、おや貴女は結婚されてますね」

「凄い!それじゃあ私達夫婦に子どもがいるかどうか占って」

「一人いますな」

「外れた、私達子どもは未だいないのよ」

「たしかに貴女にはいませんが、ご主人には……」

 2019/4/17 ♡15

 

Women only understand

 

f:id:natsuakirei:20210213131538j:plain

 2019/4/17 ♡10

 

笠地蔵

お爺さんは、六体のお地蔵さんに笠をかぶせて、残り一体に自分の手ぬぐいをかぶせました。

その夜、お爺さんはお地蔵さんに起こされます。

「やい、爺い!なんで俺だけ汚い手ぬぐいなんだ!」

 2019/4/20 ♡8

 

【閲覧注意】

竹取の翁は光り輝く竹を見つけました。

「なんだろう?」

翁は竹を切ってみることにしました。

鋭く鋭いナタを振りおろします。

「えっい」

中から首のチョン切れたかぐや姫が出てきました。

 2019/4/20 ♡8

 

金の斧

金の斧と銀の斧を女神にもらった男は、嬉しくなってもう一度鉄の斧を湖に落としました。

出てきたのは、今日は神さまです。

「お前が落としたのは、この金の斧か」

「いえ、それはいいんですけどね……私は女神様の方がいいんですけど…」

 2019/4/20 ♡14

 

夕鶴

つうが、自分の羽で織った織物は安い外国産の織物に負けて、全く売れませんでした。

つうは機を織るのを辞めてしまいました。

なので、つうと与ひょうは、いつまでも仲良く一緒に暮らしました。

 2019/4/20 ♡8

 

なんでもわかる占い師シリーズ

「ここの占いは当たるのかい」

「そりゃあ、もう」

「じゃあ、今付き合っている彼女と結婚できるか占ってくれ」

「法的な意味での婚姻ですか」

「ああ」

「できませんよ」

「なんで!」

「だって、未だ日本では…まあ、女の子だと思ってた方が幸せですよ……」

 2019/4/20 ♡10

 

飛行機の中でフライトアテンダントが叫んだ。

「お客様の中でお医者さんはいっらしゃいますか、どなたかいませんか」

「それでは、お客様の中で動物のお医者さんの方いませんか」

「犬猫でもいいです」

「ハムスターでもいいんです」

「亀でもいいです」

患者「あ、あの……もういいです……」

 2019/4/21 ♡7

 

何でもわかる占い師シリーズ

「君、占ってくれたまえ」

「何を占います?」

「私は会社の社長なんだがね、後継者を誰にしていいのか分からん。君、それを占ってくれたまえ」

「心配ないですよ、貴方の会社はもうすぐ倒産しますから……」

 2019/4/21 ♡11

 

同窓会にて

「よお、お前は随分と老けているな、頭はハゲて白髪だし、肌も皺くちゃだ、それにみっともなく太りやがって、同い歳とは思えないぜ」

「バカモン、顔を忘れたか、担任の山本だ!」

 2019/4/21 ♡10

 

アクアリウム店に毎日、金魚を買いに来る男がいた。

最近、バイトで働き始めた景子さんは、不思議に思っていたが、きっと家に大きな池でもあるだろうと思っていた。

「金魚は、みんな元気にしてます?いっぱいいると楽しいですよね!」

「ピラニア飼っているだけなんだけど」

「……」

 2019/4/21 ♡10

 

なんでもわかる占い師シリーズ

小学生の男の子が聞いた。

「ねえ、占い師さん、僕の将来のお嫁さん教えて?」

「そうですね、可愛い子ですよ、スタイルも良くて、巨乳です。それから、顔はかなり美人ですね」

「本当に?」

「ええ、きっと優秀なアニメーターの作品だと思いますよ」

 2019/4/21 ♡23

 

フェイクニュースサイトが裁判に訴えられて、社会問題となった。

NHKが『フェイクニュースサイトに見るネットの問題』と報じた。

毎日新聞が『悪質なフェイクニュースサイト!』と報じた。

朝日新聞が『許せない捏造ニュース!』と報じた。

 2019/4/22 ♡16

 

「AIが進歩すると、今の職業の大半はAIに置き換えられるらしいよ」

「ふーん」

「お前、将来のこと心配にならない?俺達の仕事がなくなるんだぞ」

「でも、お前は関係ないじゃん。ニートの無職なら…」

 2019/4/22 ♡8

 

なんでもわかる占い師シリーズ

小学生の女の子が聞いた。

「ねえ、占い師さん、私が結婚する人はどんな人か教えて?」

「いいですよ、お教えしますよ。で、何回目のご主人について聞きたいんですか?」

 2019/4/23 ♡12

 

なんでもわかる占い師シリーズ

29歳の独身女性が占い師に聞いた。

「占い師さん、私はいつになったら男の人から、結婚してくれって言われるの?」

「そうですね、三ヶ月後ぐらいでしょうか」

「え、本当!」

三ヶ月後、30になった女性は父親から、早く結婚してくれと言われるようになった。

 2019/4/23 ♡44