夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No17 (2019年5月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164035j:plain

 

弘法大師が、腹をすかせた人に握り飯を見せて言った。

「くうかい?」

 2019/5/3 ♡12

 

保育園

先生 「さあ、両手で数えられる数は幾つかな?」

園児 「10です!」

天才園児 「1023ですよ」

 2019/5/3 ♡18

 

「パパ、どうしよう、私、妊娠しちゃったみたい…」

気が動転した父親は言った。

「まずは落ち着こう、まだお前の子と決まったわけじゃない。まずはそこからだ」

「……」

 2019/5/5 ♡5

 

性教育をするつもりで父親が言った。

「娘よ。そろそろセックスについて知ってもいい頃じゃないかと思うのだが…」

「え、お父さん、私とやりたいの!サイテイ!」

 2019/5/5 ♡8

 

男の子と女の子

男の子「ねえ、お医者さんごっこしない?」

女の子「そうね」

男の子「じゃあ、僕が産婦人科医するから、えみちゃんが患者さんだよ」

女の子「いいわよ」

男の子「(やった……)」

女の子「それじゃあ、子どもが死んで、私がお医者さんを訴えたところからね」

男の子「……」

 2019/5/5 ♡23

 

内科

「先生、臭いも音もしないおならが頻繁に出るんですが…」

「先ずは耳鼻科に行ってください」

 2019/5/5 ♡5

 

高齢者が耳鼻科にて

「先生、左はいいんですけどね、右耳が聞こえにくいんですよ」

「診てみましょう」

……………

「ふむ、まあ歳のせいでしょう」

「そんないい加減なこと言うな!」

「どうしてですか?」

「左耳も同じ歳だ!」

 2019/5/5 ♡14

 

泌尿器科にて

「先生、どうしましょう。なにの周りが赤くなっているんです!何の病気ですか、どうしましょう!」

「見せてください」

「はい」

「君!これはただの口紅だ!」

 2019/5/5 ♡11

 

「パパ、赤ちゃんはどうやって生まれるの?」

「それはね、コウノトリが運んでくるんだよ」

「そっか、コウノトリが少なくなったからね!日本の出生率は下がったのは」

 2019/5/5 ♡18

 

北朝鮮の、とある家に警官が踏み込んだ。

「貴様ら、さっきまで元首さま(金正恩)の悪口を言っていたのではあるまいな?」

「とんでもない、言っていません!」

「本当か?元首さまを馬鹿だ、無能だ、チビだ、カリアゲだ、デブだ、豚だ、インポだ、と言ってたのではあるまいな?」

 2019/5/6 ♡11

 

モルモン教宣教師のポジションズ

だそうです。

f:id:natsuakirei:20210213150923j:plain

 2019/5/6 ♡3

 

「おい、ウェイター!」

「はい?」

「これを見ろ!スープにハエが入っているぞ!」

「申し訳ございません、少々お待ちくださいませ!」

ウェイターは店長でも呼びに行ったのか奥に引っ込んだが、すぐに手に何か持って戻ってきて言った。

「お客さま、殺虫剤でございます」

 2019/5/6 ♡23

 

「本当の幸せは結婚して初めてわかるもんなんだよ」

「ふ〜ん」

「ああ、これまで俺は幸せだったのかと…」

「……」

 2019/5/6 ♡2

 

初孫の出産見舞いに行ってきた夫婦の会話

「あなた、可愛かったわね」

「そうだな、とびきりの美人だったな」

「そうですね、美人になるわ」

「何言っている、今でもあんなに色っぽいのに」

「あなた、孫はまだ生まれたばかりよ」

「えっ、孫?俺はてっきりあの看護婦さんのことだと……」

 2019/5/7 ♡12

 

仕事で疲れて家に帰ると、妻がショートケーキを食べようとしていた。

「俺にもくれよ」

「ごめんね、これしかないの」

「ええ〜」

「じゃあ半分こにする」

「お、ありがとう!」

「はい、あなたの分」

そう言って、妻はショートケーキの下半分をよこした。

 2019/5/7 ♡9

 

火葬場にて

「パパ、お爺ちゃんは?」

「今、焼いているんだよ」

「え、食べられるの?」

 2019/5/7 ♡8

 

なんでも知っている占い師シリーズ

「ねえ、占い師さん、私が結婚するのはどんな人?」

「そうですね……、背が高くて、イケメンで、お金持ちで…」

「え、本当に?嬉しい!」

「はい、そうですよ。そして、あなたより30年上です」

「え〜〜〜〜、で私は何才で結婚するの?」

「50歳ですよ」

 2019/5/7 ♡5

 

「なあ、1万円貸してくれないか?」

「断る」

「親友の頼みが聞けないのか?」

「もちろん、親友なら喜んで頼みを聞くよ。親友ならね」

 2019/5/8 ♡10

 

「ママ、ママは何でハゲのパパと結婚したの?」

「騙されたのよ」

 2019/5/8 ♡20

 

打ち出の小槌を使って大きくなって娘と結婚した一寸法師ですが、なにか物足りません。

そこで一寸法師は、娘の胸に向けて打ち出の小槌を一振りしました。

それから、一寸法師はたいそう満足しましたとさ。

 2019/5/8 ♡12

 

「人は無くなって初めて気付くんだな」

「なにが?」

「そのものがいかに大切であったか、どれだけの価値があったのか」

「愛か……」

「馬鹿野郎、俺はトイレットペーパーの話をしてるんだ!」

 2019/5/9 ♡15

 

王子と結婚した白雪姫は不満だった。

「あなた、小人達の方がうまかったわよ!」

「小人達?達?ええー、そんなあー」

 2019/5/9 ♡8

 

「私ね、結婚制度には反対なの!男と女が恋愛するのに結婚はかえって邪魔になると思っているの…」

「そうだ!その通りだ!俺も恋愛しようとすると、いつも嫁が邪魔しやがる!」

 2019/5/9 ♡12

 

Foreigners ask the way in Japan

「excuse me……」

「sorry …I can’t speak English」

(Why? You speak English )

 2019/5/9 ♡10

 

「なあ、いいだろう……僕たちはもう付き合って3ヶ月になる、そろそろ……」

「……」

「じゃあ、僕の家に来るかい?それとも君の家がいい?」

「じゃあ、両方」

「両方?」

「あなたは自分の家に帰る、私は自分の家に帰る!あ、それから、もう連絡してこないでね!」

 2019/5/10 ♡12

 

「これが、安土桃山時代から我が家に伝わる日本刀だ」

「ほお、これが……さぞかし名刀なんでしょうな」

「うむ、柄を3回、刃を2回変えただけで、他はオリジナルですからな」

 2019/5/10 ♡11

 

本当のSM

M「私をいじめて!」

S「やなこった!」

 2019/5/10 ♡21

 

「先生、私、初めてなんです」

「わかっている」

「痛くしないで……お願い……」

「大丈夫だ、優しくするから。さあ、力を抜いて」

「は、はい……」

「そうだ、よしいくぞ」

女はコクリとゆっくりと頷いた。

「く、くるしい……」

女は、初めて、柔道の先生から寝技を教えられた。

 2019/5/10 ♡9

 

50男の前に、妖精が現れて言った。

「あなたの望みを叶えてあげるわ!」

「本当か?ならば俺の女房を若くして、顔を美人にして、胸を大きくしてくれ」

「わかったわ…」

ポン

 

男の女房は若くて巨乳の美人になった。

なので、その男の元を去っていった。

 2019/5/10 ♡24

 

男の前に、妖精が現れて言った。

「あなたの望みを叶えてあげるわ!」

「本当か!ならお金がたくさん欲しい!」

ポン

 

男の前に紙幣がたくさんあった。

「なんだ、これ?」

ボリバル・ソベラノ、ベネズエラの通貨よ。たくさんって言ったから、それが一番沢山調達できるの」

 2019/5/11 ♡19

 

もうすぐ弟が生まれる親子の会話

「もうすぐ、あなたの弟が生まれるのよ」

「前に赤ちゃんはコウノトリが運んでくると言ったのに、なんでママのお腹が大きくなるの?」

「それは……その……」

「そうか、わかったぞ!ママはコウノトリとセックスしたんだ!」

 2019/5/11 ♡17