夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No27 (2019年7月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164104j:plain

 

男は無性に体が疼いたので、セフレに連絡を取った。

「今晩、会えない?」

「今、生理中なの」

仕方なく、夜に嫁を誘ってみた。

「よお、どうだ?」

「どう言う風の吹きまわし?でも、今生理中なの」

「なに、君もか!」

「えっ、君も、ってどう言うこと?」

「あ、いや、その、俺もだ……」

 2019/7/16 ♡72

 

「野党はなぜ高齢者に優しい政策が目立つの?」

「野党の大きな票田は全共闘世代の左翼だからさ」

「え、そうなの?」

「ああ、63〜76際ぐらいで若い頃学生運動に参加して左翼に染まった連中だ。彼らは若い頃暴れただけに暴力的だ。それは沖縄を見てもわかる。野党が勝つと彼らの思う壼になる」

 2019/7/16 ♡234

 

「父さん、俺、彼女と同棲することにする」

「……」

「怒るのはやめてよ。実際に一緒に生活してみないと結婚がうまくいくかどうかわかんないだろう」

「一言言わしてくれ」

「何だい?」

「彼女が今日は安全よと言ってもゴムはつけろよ」

「?」

「父さんはそれで罠に嵌ったんだ」

 2019/7/17 ♡123

 

「先生、最近、妻相手に勃たなくなったんですよ…」

「ほー」

「どうしたらいいですか?」

「私が呪文を教えてあげましょう。する前に『この女は自分の女房じゃない。隣の奥さんだ!』と、3回唱えてください」

「はあ…」

………………

「先生!あの呪文効きましたよ!」

「そうでしょ」

 2019/7/17 ♡30

 

「先生、数学なんて難しいものなぜやる必要があるのですか?」

「数学は全てのエンジニアリング分野の礎だ。また、全ての科学分野におけるツールだ」

「私、理系じゃないし…」

「また、バカな学生を峻別するためのツールにもなる」

 2019/7/18 ♡36

 

保守「北朝鮮は発展してません」

朝日新聞「そんなことありませんよ」

保守「じゃあ、この夜の写真を見てください」

朝日新聞「……」

保守「北朝鮮にはほとんど灯りがない。これが何を意味するかわかりますか?」

朝日新聞「おお、素晴らしい!北朝鮮サービス残業がない素晴らしい国だ!」

 

f:id:natsuakirei:20210215101519j:plain

 2019/7/18 ♡187

 

巨乳の美人が街を歩いていた。

男は意を決して、ナンパしてみた。

驚くことにうまくいって、男は美人とホテルでベッドイン。

1回戦が終わった。

「のぞみね……」

「え、僕はタカシって言うんだけど…」

「違うわ、新幹線ののぞみよ…」

「えっ?」

「凄く早くて、えきをとばすから……」

 2019/7/18 ♡41

 

「野党は消費税増税に反対しているわね」

「それも高齢者におもねっているからなんだ」

「えっ?」

「もし増税しないと、社会保険料が上がるか、所得税が上がるんだ。その場合、現役層だけが払うことになる」

「そうね」

「唯一高齢者の税を増やせるのが消費税増税だから、あれだけ反対するのさ」

「だから、この選挙の野党対与党は、左系高齢者vs現役世代の構図なんだよ」

「新聞、テレビでは言わないのね」

「ああ、都合が悪いからな」

 2019/7/18 ♡58

 

牧師「汝の隣人を愛せよ」

男「はい、私もそのように心がけております」

牧師「ほお、それは感心」

男「はい、でも愛するところまで行かないのです」

牧師「何故ですか?」

男「はい、いつも隣のご主人がいるものですから、なかなか奥さん一人になるチャンスがないのですよ」

 2019/7/20 ♡30

 

「マスメディアは野党寄りなのね」

「ああ、一部のマスメディアを除いてね。マスメディアが野党を応援する理由は同じ左翼であり、基本的に同じことをするからだ」

「と言うと?」

「どちらも人々の不安を煽るのが商売だからさ」

 2019/7/20 ♡60

 

男がジャングルを探検していると、トラに襲われた。

男は必死に逃げたが、とうとう崖っぷちに追い詰められた。

「ああ、神さま、どうかお助けください」

すると、トラが前足で十字を切り始めた。

「す、凄い!奇跡が起きた!」

すると、トラが口を開いて言った。

「うるさい、食事前のお祈りだ」

 2019/7/21 ♡60

 

左翼テレビ「我々はいかなる国家権力の圧力を受けようとも負けない!」

「でも、ジャニーズの圧力には負けてたんでしょ」

左翼テレビ「……」

左翼新聞「我々は違う!我々はそんなもの怖くない!」

「でも、在日や同和団体、関西生コンには弱いんだよね」

左翼新聞「………」

 2019/7/21 ♡126

 

「あーあ、結婚詐欺にかかったみたい……」

「な、なんだと!」

「だって、あなた、あなたの髪が5年もしないうちに禿げ上がるなんて信じられない」

「なら、お前はどうなんだ!あれほどの巨乳だったのがなんで5年経つと萎むんだ!」

「だって……ヒアルロン酸は5年保てばいいほうよ」

 2019/7/22 ♡43

 

タカシ君と景子さんは職場結婚したばかりの新婚ホヤホヤである。

今日も二人揃って電車で会社に行く。

「いやあね、タカシさんたら」

「何が?」

「電車の中で私の体を触ってくるんだもの」

「えっ…」

「でも電車の中での方が触り方が上手いわ」

「……」

 2019/7/22 ♡24

 

男は別れた妻との間にできた娘エリと会っていた。

エリには自分が父親であるとはまだ言ってない。

「なあ、エリちゃん、おじさんがパパじゃダメかな?」

「ダメよ」

「ど、ど、どうして?」

「だっておじさんは何もしないでもおこずかいくれるでしょ。私外にも二人パパがいるから」

「えっ!」

 2019/7/22 ♡29

 

「ママ」

「なあに?」

「私、もう処女じゃないの……」

「何ですって……もう一回言いなさい!」

「私、もう処女じゃないって言ったの!」

「一体全体どうしてそんなことに………」

「友達が4人がかりで、私の好きだった男の人を抑えつけてくれたの」

 

 2019/7/22 ♡100

 

トイストーリー、ウッディ達に新しい仲間!

ウッディ「き、君は一体誰だ!」

謎のおもちゃ「ハーイ、僕はアンディのママのおもちゃだよ!よろしくね」

f:id:natsuakirei:20210215103517j:plain

 2019/7/22 ♡13000

 

脱北者は韓国の工場に雇われた。

工場主はこき使ってやろうと考えた。

「いいか、工場は朝5時から夜10時までだ!食事は1日に2回!寮は15人部屋だ!休みは3ヶ月に1日だ!」

「給料は?」

「5万ウォン(約5千円)だ」

「そんな生ぬるい仕事でそんなにもらえるのか?」

 2019/7/23 ♡88

 

「お嬢さんと結婚させてください!」

「ふむ」

「ぜひお願い致します」

「まあ、娘の父親としてはありがたいが……前途ある若者のことを思うと…」

「は?」

「君は私の妻に会ったことはあるかね?」

「いえ、機会がなくて」

「会ってから考えなさい」

「はあ?」

「ああなるんだって…」

 2019/7/23 ♡65

 

「既婚者の先輩に相談があるんですが…」

「なんだ?」

「実は、6ヶ月前から、誰が見ても美人の彼女と同棲しているんですよ。彼女スタイルも良くて、巨乳なんです。それに頭も良くて そして僕らラブラブなんです。結婚すべきでしょうか?」

「そんな素晴らしいことを壊すのはやめとけ…」

 2019/7/23 ♡39

 

なんでも知っている占い師シリーズ

「あなたのお父様がお亡くなりになります」

「えっ!いつですか?」

「3日以内ですね」

その日から娘は父親を観察していたが何事もなく3日が過ぎた。

娘はホッとした。

「あらお父さん、どうしたの?」

「ああ、お隣のおじさんが亡くなられたらしい」

 2019/7/23 ♡55

 

夫から電話がかかってきた。

「もしもし…」

「あ、あなた、早く帰ってきて! さっき、変な男に後ろから襲われたの!」

「ケガはない?」

「うん大丈夫、でも買い物袋を投げつけたから夕飯の材料がないわ」

「OK、材料の心配ならしなくていよ。でも君、缶詰を買いすぎだよ……お…痛ててて」

 2019/7/24 ♡54

 

娘「ねえ、お母さん、最近、綺麗になったんじゃない?」

母「あらそう?」

娘「そうそう、最近艶っぽいっていうか、肌が綺麗だし」

母「いやだわ、でも、恋をしてるからかしら……」

父「えっ……」

 2019/7/24 ♡17

 

女が材料を買いに行き、サラダ、野菜を切って、肉を用意し男に渡す

男がビールを片手にグリルに肉を乗せる

女が皿、スプーン、フォークの準備をする

男は肉をグリルからとり出し、女に渡す

女は肉を皿に乗せ、テーブルに運び、食べ終えると、女は片付けをする

バーベキューは男の料理だという?

 2019/7/24 ♡35

 

「主殺しの下手人お菊、磔のお仕置き申し付る!」

「ところでお奉行さま、お菊の刑の執行はいつにしますか?」

「1年待て!」

「え、1年もですか?」

「そうだ。それまでお菊だけ別の牢に移し、食べ物も大いに出してやれ!」

1年後、お菊は磔に処せられた。

しかし、お菊が産んだ子は助かった。

 2019/7/24 ♡29

 

「ねえ、あなた、あなたが自分の命より大事なものって何?」

「そりゃ息子だ!息子が一番大事さ」

「ああ、あなた!あなたはやっぱり息子のトムを愛していてくれてるのね……」

「何言ってる!息子ってこいつのことだよ!息子がなきゃトムの弟や妹も作れねえだろう!」

 2019/7/25 ♡16

 

若い王子が側近に聞いた。

「オナニーとは何か?」

「は、そ、それはその、ゆっくり休むということでございます」

「ふむ、そうか、わかった」

ある日、国の儀式を終えた王子さまはみんなの前でこう言った。

「今日は皆大儀であった。帰ってゆっくりオナニーするがよい」

 2019/7/25 ♡37

 

オスとメスのネズミがいた。

そこに猫が現れた。

メスのネズミは素早く逃げてしまったが、オスのネズミは動作が鈍くてすぐに捕まった。

猫 「鈍いネズミだな。こんなにあっさり捕まるとは…」

オスのネズミ 「ぼ、勃起してたから……」

 2019/7/25 ♡20

 

敬虔な信者が死んで、天使が天国まで案内していた。

「嬉しそうですね?」

「天国に行けば念願の処女マリアさまにお目にかかれるからね」

「ああ、それなんですが…」

「何ですか?」

「いえね、先日元大統領のビルクリントンが天国に来たんですよ…」

「?」

「後はもうお察しください…」

 2019/7/25 ♡36

 

「お前新聞とっている?」

「とっているよ」

「俺は日本経済新聞を毎日読んでるんだ」

「へー、日経か、でもつまんねだろう」

「でも勉強になるぜ、で、お前は何新聞とっているんだ」

「朝日と産経だよ」

「そりゃ両極端だな、何で?」

「だって読み比べたら物事が立体的に見えるんだ…」

 2019/7/26 ♡95

 

サラブレッドって可哀想だな」

「なんで?」

「栄光を掴んでも、所詮稼いだ金は人間のものだろう」

「そうでもないよ」

「なぜ?」

「栄光を掴んだ速い馬は人気ある種付け馬になれるんだ」

「……」

「若いメスとやりまくりさ…」

「……」

「しかも、毎回違う馬にさ…」

「いいな…」

 2019/7/26 ♡70