夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No33 (2020年2月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164239j:plain

 

Twitterやってわかった事って何?」

「この世はマウントの取り合いって事だ」

「ふむ」

「実に多くの人間が上から目線だ」

「ふむ」

「そして中には絶対にマウント取らないと気がすまない人種もいる」

「ふむ」

「そういう人は無視されているか、逆に炎上している」

「そうだね」

 2020/2/4 ♡17

 

母「ねえ、お父さん、結衣ったらBLのマンガばかり見てるんですよ、お父さんからも何か言ってやってくださいよ」

父「結衣、マンガだけでなく小説なんかも読みなさい。司馬遼太郎新選組血風録なんていいぞ」

結衣「お父さん、なんで新選組血風録なの?」

父「衆道の話が出てくるんだ」

結衣「😍」

 2020/2/4 ♡13

 

野党新人議員と野党幹部議員

新人

「何でまた桜やるんですか?もっと、政策の対案を提言し、有権者にアピールしないと政権交代できないのではないですか?」

幹部

「馬鹿!政権取ったら政策の実行で大変だろうが!野党でいれば与党にケチつけるだけで仕事になるんだぜ!その方が楽でいいだろう!」

 2020/2/5 ♡27

 

朝日新聞社内会議

「発行部数が減少して売り上げが落ちている、どうすればいいだろうか?」

「部長、我々は商売の原点に立ち返るのです!」

「と言うと?」

朝日新聞の熱烈な愛読者へのサービスを第一に考えた紙面作りですよ!」

こうして、朝日新聞はハングルで発行されることになった。

 2020/2/5 ♡25

 

「なあ、何で会社にはこんなにも多くの会議があるんだろう?」

「そりゃあ、会議に出て仕事しているフリをしなければいけないおっさんが多いからだろう」

「だな…………」

 2020/2/6 ♡24

 

「ねえ、赤ちゃんを抱えたママとか幼児のママが、子育ては大変だってよく言うじゃない」

「そうね」

「その頃が一番幸せなのにね〜」

「ね〜」

「そう言うママたちは未だ知らないのね」

「そうね」

「子どもが中学生になったら地獄が待っていることを……」

「待っていることを……………」

 2020/2/6 ♡20

 

「俺は、毎朝、辛ラーメンを食って会社に行くんだ」

「へー、意外だな、君が辛ラーメンを好きとは…」

「いや、好きじゃないよ」

「じゃあ何で?」

辛ラーメンを食っていけば、その日はもうそれ以上の嫌な目に合う事はないと思って…」

 2020/2/7 ♡34

 

電気椅子による死刑執行

「最後に何か言いたい事はあるか?」

「席替わって……」

 2020/2/7 ♡25

 

Twitterやってわかった事って何?」

「世の中には日本語に不自由している人が意外に沢山いるって事だね」

「なるほど」

「著名人で有名なのは○島○穂とか○井○月だね」

「なるほど」

「最も中身は日本人じゃないんだろうが」

「そうだね」

 2020/2/7 ♡20

 

「いいですか部長!業務効率を上げるには皆さんの多くの時間を割いている会議の時間をなんとかすることです」

「どうすれば?」

「簡単ですよ。時間の厳守です」

「わかった、開始する時間を厳守するように皆に徹底させよう」

「だからこの会社は赤字なんです!厳守するのは会議の終了時間です!」

 2020/2/8 ♡15

 

環境活動家「地球は二酸化炭素の増加で温暖化している!地球を元の環境に戻せ!」

科学者「シアノバクテリアに端を発する光合成をする生物が大繁殖してから、地球の大気には酸素が含まれるようになりました。しかし、その前の太古の地球には二酸化炭素が充満していたのです………」

 2020/2/8 ♡15

 

「お母さん、彼氏と結婚したいんだけど、お父さんにどうやって紹介したらいい?」

「そうね……じゃあ、あなたはこう言うのよ」

「何て?」

「『お父さん、彼氏を紹介したいの。彼、お父さんに似ているとこがあって、私好きになっちゃたの!』ってね!」

「なるほど」

 2020/2/8 ♡23

 

母「みんな、コロナウィルス対策はいい?」

息子「マスクを買ってきたよ!」

娘「私、アルコールも買ってきたわ!」

父「手洗いを徹底しないとな……」

祖父「わしもヤマダ電機でウィルスバスターちゅうのを買ってきたぞ……」

 2020/2/8 ♡43

 

あるスタジアムに来た韓国人

「人が一杯だな!」

「おい、あれを見ろ!」

「どうした?」

「あの旗!」

「あ、忌々しい日章旗の横にあの戦犯旗の旭日旗が!」

もちろん、彼らは抗議しようとしたが主催者の名前を聞いて、なぜかすぐに抗議を撤回した。

甲子園で夏の高校野球が始まった。

 2020/2/9 ♡25

 

「就活は順調か?」

「まあ、大変ですよ」

「そうか。ところで先輩として忠告しておくけど…」

「はい」

「受ける企業のビルを夜の十時ぐらいに外から観察しておけよ」

「何故ですか?」

「煌々と灯りがついていたら残業が多いところだ注意しろ」

「なるほど」

「俺は今それで悔やんでるんだ」

 2020/2/9 ♡25

 

「あら、貴女、また新しい服買ったの?」

「ええ、まあそうなの」

「羨ましいわ、私なんかこの服、10年も着ているのよ」

「私は、10年前の服が今でも着れる貴女が羨ましいわ」

 2020/2/9 ♡26

 

犬を飼い始めた人

「犬は可愛いわよ、本当の我が家の子どもよ」

猫を飼い始めた人

「猫は可愛いわよ、本当の我が家のご主人様よ」

 2020/2/9 ♡19

 

メディアの新人とベテラン

「ジャーナリズムの基本は現場取材ですよね。それでまずどこに取材に行きます?」

「まずTwitter やって」

「えっTwitter?」

「そう、Twitter 。張り付いて、面白いネタやニュースを探して!今はみんなTwitterで取材してるんだよ。楽だし金もかかんねえからね」

「…」

 2020/2/9 ♡13

 

ミケランジェロダビデ像はなぜ包茎なの?」

「いろいろ説はあるけど、ギリシャ芸術にならって割礼がないことを表現したかったのであえて包茎を誇示したそうだよ。それにヨーロッパ人の仮性包茎は90%に及び自然のままを表現したかったんだって」

 

「ヨーロッパ人の仮性包茎は90%!!!」

f:id:natsuakirei:20210216095655j:plain

 2020/2/9 ♡19

 

電話にて

「私、さいとうと言います」

「どのような漢字ですか?」

「えー本当は一言では言えない難しい字なんですが、斉藤でいいです」

「はあ」

「そちらのお名前は?」

「わたなべです」

「どのような漢字ですか?」

「えー本当は一言では言えない難しい字なんですが、渡辺でいいです」

f:id:natsuakirei:20210216101209j:plain

f:id:natsuakirei:20210216101230j:plain

 2020/2/10 ♡46

 

「お前、キスは経験した?」

「ああ」

「まじか、羨ましい…いつ、どこで?」

「高1の夏休みに、海に行った時……初めてだった」

「初めてのキスの味はどうだった?」

「ああ、あっさりしてるんだね」

「あっさり?」

「ああ、天ぷらにしてはあっさりして美味かった」

「…」

 2020/2/10 ♡29

 

メガソーラー業者「ここにソーラーパネルを設置しよう。再生エネルギー促進で俺達は社会に貢献してるぜ」

林業関係者「また地盤が緩む…」

電力会社「電線の空き容量を食われる、火力発電での電力量調整が大変…」

アマチュア無線家「ノイズが増える…」

住民「ソーラーパネルの有害物質が…」

 2020/2/11 ♡54

 

「絶対、確実に稼げる方法教えますよ」

「胡散臭い…」

「私のは確実です。その代わり大きな額ではありません。月に二十万ってところですか……」

「ふーん」

「教え賃1万円でどうです?」

「安いね、なら教えてもらおうかな…」

「ではお教えします。バイトか就職すれば稼げますよ」

「……」

 2020/2/11 ♡28

 

「ねえ、あなた、私達ね、ひよっとして家族が増えるかもしれないのよ」

「なに、本当か!よくやった!」

「明日には、はっきりするわ………」

翌日

「で、俺のお気に入りのソファにどかっと鎮座しているこのドラ猫は一体何だ?」

「私達の新しい家族よ、引き取ってきたの」

「…」

 2020/2/11 ♡19

 

「ねえ、何でメディアは『戦後最大の災害』とか『戦後最大の事件』とか、戦後を区切り目にするの?」

「多くのメディアは終戦を機に変節したからだよ。彼らにとって、戦前のことは忘れたからだよ」

 2020/2/11 ♡20

 

刑事ドラマに本物の麻薬犬を出演させることになり、テレビ局内でデモンストレーションを行うことになった。

警官「このジョンの能力は、凄いですよ。このテレビ局内に麻薬の入ったバックを三つ隠しました。ジョンにそれを見つけて貰いましょう」

その結果、ジョンは六つのバッグを見つけた。

 2020/2/11 ♡38

 

「申し訳ありませんが、この値段ではお引き受けできないんですが…」

「ええー、そうなの?でも、うちの仕事すれば、うちの取引先に紹介するよ、そうすれば、お宅にとってもいい話だと思うんだけどな……」

「値切るお客さん皆そう言いますね。でも、本当だった事ないのでいいです」

「……」

 2020/2/12 ♡24

 

男子中学生の会話

「昔の中学生の男はさ、隠していたエロ本を母ちゃんに見つかることがあって大変だったそうだぜ。父ちゃんから聞いた」

「へー」

「その点、今は皆んなスマホでエロ動画を見るからバレずに済んでいいな」

「ああ、テクノロジーの発達は、人類の平和に寄与してるんだな」

 2020/2/12 ♡27

 

「いいこと教えてやる」

「何?」

「巨乳の子は自分の胸をオッパイって呼ぶそうだ。一方貧乳の子は自分の胸を胸と呼ぶそうだ」

「へー」

「つまり、自分の胸をなんと呼ぶかで、その女の胸が本当に大きいのか、はたまたブラジャーのおかげなのかをある程度見破ることができるのだ!」

「なるほど」

 2020/2/12 ♡26

 

「お相撲さんは結婚したら必ずカカア天下になるんだって」

「何で?」

「必ず女性上位だから」

「……………分かる奴はスケベだな………………」

 2020/2/12 ♡8

 

「死にたい……俺みたいな負け組生きていても価値がない……」

「何言うんだ!お前は生まれてきた時点で勝ち組なんだ!お前が卵子に到達して受精した時点でお前はどのぐらいのライバルに勝ったと思う?数億匹の精子に勝ったんだ!いいか、数億匹だぞ!とんでもない勝ち組だ!だから自信を持て!」

 2020/2/12 ♡11