夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No40 (2020年3月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164432p:plain

 

あるところに山◯太◯がいた。

そこに妖精が現れた。

「あなたの望みを叶えてあげるわ」

「ほんまか!なら全知全能の能力をくれ!俺は総理になって消費税を廃止したいんや!」

「わかったわ」

ポン

 

彼はとんでもなく賢くなった。

なので、過去の自分を恥じて政治家を辞め出家したと云ふ。

 2020/3/29 ♡50

 

裸の王様

「王様、これがバカには見えない服でございます」

「うむそうか」

「それと、これは王女様用の服でございます」

「姫の服は頼んでおらんが?」

「いえ、是非、王女様にもこのバカには見えない服をお召し頂きたく、サービスしました。是非、ご一緒にパレードください」

「うむそうか」

 2020/3/29 ♡28

 

人魚姫

「王子さま、今まで黙っていましたが私、実は人魚なんです」

「な、なんだって……」

「黙っていてごめんなさい…上半身は人間、下半身は魚なんです………」

「うーむ」

「何をお考えですか?」

「いや、ではフェラで逝くしかないかと……口に出すのはOKであろうな?」

「………」

 2020/3/29 ♡23

 

「上司って、報連相が大事だと言いながら話しかけにくい雰囲気を醸し出すの何なの?」

「ああ、わかるわかる。何か機嫌悪い雰囲気を出してくれると、大事な話でも、ましてやちょっとした事なんて話せないよな」

「話かけられやすい雰囲気を出すって言うのも管理職の仕事だよな」

 2020/3/30 ♡60

 

女「ねえ、小説読んでるの?」

男「ああ」

女「へー、どんなシチュエーションのやつ?」

男「義母、人妻、熟女、醜女、男色、幼女拉致、ロリコン、覗き、レイプ、コスプレ、身代わり………」

女「キャー、いやらしい、官能小説読むなんて!」

男「なんだよ……源氏物語読んでるだけなのに……」

 2020/3/30 ♡78

 

ある女性立憲民主党議員がいた。

そこに妖精が現れた。

「あなたの望みを叶えてあげるわ」

「本当!なら、もっと私を賢くして!私、女性総理を目指してるの!」

「わかったわ」

ポン

 

彼女は賢くなった。

なので、立憲民主党を辞めた。

 2020/3/30 ♡52

 

老人はタバコを吸っている男に聞いた。

「タバコはお好きですか?」

「ええ、まあ」

「あそこにベンツが止まってるでしょ」

「ええ」

「タバコを吸っていなければ、浮いたお金であのベンツが買えたのかもしれないのですよ」

「それは無理だ」

「なぜじゃ?」

「今日吸い始めたばかりなんです」

 2020/3/31 ♡27

 

精神科医「お花に話しかけることがあっても全く異常ではないですからご安心ください」

「そうなんですか!」

精神科医「ただ、お花が話し始めるのが聞こえたら精神科にお越しください」

「はい」

精神科医「後ですね、ありもしない軍靴の音が聞こえたりしたら重症ですから」

「はい!」

 2020/3/31 ♡84

 

面接試験

I live Edo.

面接官「この文のおかしなところを指摘してください」

A「前置詞のinがありません」

B「江戸ではなく東京では?」

C「スペースが半角ではありません」

面接官「それではC君を採用することとします。我が社は即戦力のプログラマーを求めているのです」

 2020/3/31 ♡49

 

男の人生で幸せを感じるのは3度あると言う。

好きな人に告白してOKをもらった時

好きな人にプロポーズしてOKをもらった時

そして その人に見守られながら旅立つ時

 

女の人生で幸せを感じるのは3度あると言う。

好きな人に告白された時

好きな人にプロポーズされた時

そして その人を見送る時

 2020/3/31 ♡19

 

エスは大勢のオタクがアイドルに石を投げている場面に出くわした。

エス「なぜ、彼女に石を投げるのです?」

オタク「なぜ?この女は処女じゃなかったんだ!」

エス「それなら仕方がない。但し、一度も性交したことのない人だけが石を投げなさい」

オタク達は全員残って石を投げ続けた。

 2020/3/31 ♡69

 

論理的なフェミニスト、酔っ払いの老人、品行方正なTBS社員、妖精、公正中立な朝日新聞記者、が通りを歩いている。

そして、その道端に1万円が落ちていた。

この中で誰が1万円を拾っただろうか?

 

答え:酔っ払いの老人。 他の四人は空想上の産物だから。

 2020/4/1 ♡28

 

あなたは今、殺人鬼・強姦魔・朝日新聞記者の3人と一緒に、小屋に閉じ込められている。

あなたの手の中にはリボルバーがあるが、弾は2発しかない。

さあ、あなたはどうするべきだろうか?

 

答え:朝日新聞記者に2発ぶち込んで確実に仕留める。

 2020/4/1 ♡38

 

猿「それで桃太郎殿、我らは正社員の扱いであろうな?」

桃太郎「何を言っている。あくまでも鬼退治までの臨時のバイトだが」

雉「な、なんとバイト!」

犬「おい、辞めようぜ!バイト扱いで給料が吉備団子だけなんて、馬鹿馬鹿しい!」

こうして桃太郎は一人で行く羽目になリ鬼ヶ島で玉砕した。

 2020/4/1 ♡12

 

金正恩がテレビで世界各国の強盗の映像を見ていた。

金正恩「人間は野蛮なものだな」

側近「はい、しかしわが国ではこのような金目当ての犯罪はありません」

金正恩「うむ、やはり私の統治のおかげだな」

側近「いえ、わが国ではお金の価値が全くないからですよ」

側近は即座に射殺された。

 2020/4/1 ♡20

 

「人生における最高の生活は?」

アメリカで給料を貰って、イギリスの家に住み、中国人のコックを雇い、日本人を妻にする」

「では最低の生活とは?」

「中国で給料を貰って、日本の家に住み、イギリス人のコックを雇い、アメリカ人を妻にする」

「もっと最低の生活は?」

「全部、北朝鮮さ!」

 2020/4/1 ♡39

 

介護施設で働き始めたんだって?」

「まあな」

「汚物の世話とか大変じゃない?」

「いや、俺はそれは慣れたからいいんだけど……」

「けど?」

「老人の痴話喧嘩を毎日見るはめになるともう馬鹿馬鹿しくて嫌になる」

「なるほど」

 2020/4/1 ♡13

 

今のマスコミの潰し方

・電波オークションを実施して電波料金の適正化、新規参入を増やす。

・日刊新聞法を廃止して、新聞社の株式譲渡を可能とする。

クロスオーナーシップを禁止し、新聞とテレビ、相互に監視させる。

 2020/4/1 ♡34

 

医者と患者

「悪いニュースともっと悪いニュースがあります。どちらから聞きたいですか?」

「じゃあ悪いニュースから」

「あなたの余命はあと1ヵ月です」

「何てこったぁ!俺は未だ若いのに!先生、ところでこれより悪いニュース何てあるんですか?」

「それを1ヵ月前言い忘れました」

 2020/4/2 ♡54

 

「俺、とうとうセックスを経験したよ」

「お、そうか、これで男になったな。童貞を卒業した気分はどうだ?」

「俺はセックスを経験したが、童貞を卒業したとは言ってないぞ」

「えーと、それは………」

 2020/4/2 ♡21

 

嘘を見破りその嘘つきを殴るというマシンを父が買ってきた。

息子が 「僕はエッチな本なんか持ってない」 と言うと即座に殴られた。

それを見た父が 「父さんが若い頃は勤勉でそんなもの持ってなかった」 と言うとぶん殴られた。

それを見た母が 「あらあら、やっぱり親子ね」 と言うと母も殴られた

 2020/4/2 ♡133

 

カップルがレストランに入って飲み物を2つ注文した。

やがて二人は鞄の中からそれぞれサンドイッチを取り出して食べ始めた。

それを見た店主

「お客さん、ここではご自分で持ち込んだ食べ物を食べるのは困ります」

カップルは顔を見合わせると、今度はお互いのサンドイッチを交換して食べ続けた。

 2020/4/2 ♡38

 

ある農村で日照りが続き、神父が雨乞いの祈祷集会を開いた。

よく晴れたその朝、教会は人で一杯になった。

神父は会衆に向かってこう尋ねた。

「皆さん、今日は何をするのかご存知でしょう?それで、お尋ねしたいのですが、傘をお持ちの方が一人もおられないというのは、どういうことでしょうか?」

 2020/4/2 ♡21

 

船が沈没し、皆は救命ボートに乗ったが人数が多すぎる

すると 英国人が犠牲的精神の元 「大英帝国万歳!」と叫んで海に飛び込んだ

次に米国人が英雄となるべく、 「アメリカ万歳!」と叫んで海に飛び込んだ

最後に韓国人が立って、 「大韓民国万歳!」と叫んで隣の日本人を海に突き落とした

 2020/4/3 ♡54

 

専門家「家に閉じこもっていても、普段の生活のルーティンを崩さないでください」

ロシア人「うむ、そうなのか」

f:id:natsuakirei:20210218154200j:plain

 2020/4/3 ♡12

 

「なあ、明日暇?」

「悪い、明日は彼女とデートなんだ。お前も早く彼女作れよ」

「彼女を創るか……未だ未だ先は遠いんだよな…」

「え、そうか?」

「この間、やっとiPS細胞で眼の細胞ができたところだぜ。まだ先は長いよ」

「ちょっと待て…」

 2020/4/3 ♡28

 

公園のベンチに老人が座っていて、その横には大きな犬が寝そべっていた。

男は老人に尋ねた。

「すいません、あなたの犬は噛みますか?」

「いいや」

男は安心して老人の横に座ると、犬は男に吠え噛み付いた。

「あなたの犬は噛まないと言ったじゃないか!」

「そいつはワシの犬じゃないよ」

 2020/4/4 ♡32

 

とあるドラッグストアのマスク販売方法

老人「おい、マスクだ!」

店員「マスクは電子マネーのみでのお支払いとなっています」

老人「何?」

店員「Suica楽天ペイ、Paypay 等各種対応しております。なお、現金ではお支払いできません」

老人「……」

 2020/4/4 ♡72

 

「『前に教えたよな』っていう上司は嫌だね」

「ああ、全ての事が一回で覚えられる人間はいないのに」

「しかも教え方が不味い…」

「上手い人は、ポンチ絵を描いてくれたり、論理立ってすぐ理解し易いように話してくれたり、印象に残るよね」

「だから、『前に教えたよな』っていう上司は糞だ」

 2020/4/4 ♡27

 

社会主義

君は牛を二頭持っている。だから隣の人に一頭あげよう。

 

共産主義

君は牛を二頭持っている。だからその牛を政府に提供したら、君は政府から牛乳をもらえる。

 

国家社会主義

君は牛を二頭持っている。だから政府は君を撃ち殺し、その牛を持ち去っていく。

 

資本主義

君は牛を二頭持っている。だからその二頭の雌牛のうち一頭を売って、雄牛を買おう。

 

朝日新聞主義

君は牛を二頭持っている。だから一頭を中国に、もう一頭を韓国の人にあげよう。

 2020/4/4 ♡67

 

車好き、バイク好きならば当然思いつかなければならないアイデア

f:id:natsuakirei:20210218155213j:plain

 2020/4/4 ♡160