夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No51 (2020年6月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164300j:plain

 

アメリカ人は一人なら無法者だが、百人集まると市民を守る警察になる

ロシア人は一人なら素朴な農夫だが、百人集まると無法者の軍になる

中国人は一人なら龍だが、百人集まると虫になる

日本人は一人なら虫だが、百人集まると龍になる

 2020/6/12 ♡43

 

光宙(ピカチュウ)と言うキラキラネームの男の子がいた。

彼は、15歳になると家庭裁判所に改名の申し立てをした。

「名前を変えたいんです」

「キラキラネームだと恥ずかしいですからね……書類は?」

「これです。そしてこれが『かみなりのいし』…」

「えっ?」

ライチュウにしたいんです!」

 2020/6/12 ♡50

 

かぐや姫は五人の公達に

『世界第二位のスパコン

『工期と費用ゼロのスーパー堤防

『サーバーのいらないクラウド

『大学を辞めても高卒にならない大学』

『DS イナズマイレブン2 の改造コード』

を要求しました。

五人の公達はそれらを求めて旅に出ましたが、誰も帰ってきませんでした。

 2020/6/13 ♡112

 

「パパ、僕、大きくなったらサンタクロースになる」

「ほー、どうしてだい?」

「だってサンタクロースには誰にも知られずに家に忍び込む能力があるんでしょ?」

「えっ………まあ」

「それなら、ジュリーちゃんやヴェティちゃんのベッドに一緒に入って一緒に寝ることもできるだろう?」

「……」

 2020/6/13 ♡28

 

トムが公園に行くと二人の男が作業をしていた。

一人が穴を掘り、もう一人がその穴を埋めていた。

トム 「おじさん達、なんで無駄なことをしているの?」

男A 「おじさん達は公園に木を植えるのが仕事なんだ」

トム 「木なんかないじゃない?」

男B 「木を植える役目のやつが今日は休みなんだ」

 2020/6/13 ♡40

 

非喫煙者A 「トイレに入ると時々、タバコの臭いがしない?」

非喫煙者B 「するする、誰かトイレでタバコ吸ってるんだよ!」

喫煙者 「いいじゃないか!トイレは個室なんだし、どうせ臭いがするんだからさ」

非喫煙者A 「それじゃあ、喫煙所でうんこしていいの?」

 2020/6/13 ♡54

 

最近はよくある事なのかもしれません。

女 「あなた、大変よ」

男 「何だ?」

女 「あなたの子どもとわたしの子どもが、あなたとわたしの子どもをいじめているのよ」

 2020/6/14 ♡36

 

泌尿科

「先生、僕のあそこが黄色くなってしまったんです」

「本当だ、黄色い!性病の何かかかな?」

「馬鹿な!僕童貞ですよ!」

「それではどうやって性処理を?」

「いつもAVを見て自分でやってますよ。昨日もカレー味のカールを食いながらAVを見て抜いて……」

「カールのカレー味?」

 2020/6/14 ♡39

 

社長 「お前はあのお客さまと言い争いをしていたな?」

社員 「はい、確かに」

社長 「我が社の社訓は、お客さまは神さまだ!お前はクビだ!」

社員 「でも社長、あのお客さんは、『私が間違っていた、すまん』と言い張っていたのですよ」

 2020/6/14 ♡43

 

男と友人が居酒屋で飲んでいた。

男は時々、スマホを取り出して妻の写真を見ていた。

友人 「奥さんを愛してるんだな?居酒屋で飲んでいても奥さんが気になるのか?」

男 「違うよこれはバロメーターだ」

友人 「バロメーター?」

男 「妻が可愛く見え始めたら飲み過ぎって事だ」

 2020/6/14 ♡40

 

「俺、幼馴染みと付き合っているんだ」

「へーいいな」

「物心つき始めた時からの付き合いでお互いのことがよくわかっているからいいよ」

「最初に相手を女性として意識したのは何歳ぐらいから?」

「それはないな……」

「えっ?付き合ってるんだろう?」

「だって男同士だし」

「……」

 2020/6/15 ♡37

 

文在寅 「我々、民族の悲願は朝鮮統一だ」

金正恩 「そうだな」

文在寅 「だが正直に言って、北を南の経済レベルまで引き上げるには莫大な資金が必要だ。それが課題だな」

金正恩 「それを解決するのは簡単な事だ」

文在寅 「本当か?」

金正恩 「南が北の経済レベルになればいいだけだ」

 2020/6/15 ♡63

 

全女性芸能人にアンケートを行いました。

「あなたは渡部さんとセックスしたいと思いますか?」

80%以上の女性が「二度としたくない」と答えたそうです。

 2020/6/15 ♡101

 

朝日新聞記者は取材の為に飛行機をチャーターした。

約束の飛行場に行くと一機の飛行機が待機している。

朝 「さあ、行こうか!」

パ 「はい」

朝 「北へやって!」

パ 「はい」

朝 「よし、ここで旋回して」

パ 「どうやって?」

朝 「えっ…」

パ 「あの……指導教官殿ではないのですか?」

 2020/6/15 ♡16

 

フランス人 絵画で、自国の文化の高さを自慢 イ

タリア人 建造物で、自国の藝術の優雅さを自慢

ドイツ人 音楽で、自国の音楽藝術の高尚さを自慢

日本人 工業製品で、自国の工業の信頼性を自慢

中国人 中華料理で、自国の料理の美味しさを自慢

韓国人 他国の悪口で、自国の素晴らしさを自慢

 2020/6/16 ♡983

 

韓国人 「神よ、なぜ日本列島に韓国人を入れずに日本人を入れたのですか?」

神 「日本列島の方が良かったのか?」

韓国人 「当たり前です。島国で綺麗だし、広い海がある!」

神 「でも地震津波、台風、火山噴火が多い。これではお前はすぐに発狂するではないか…」

韓国人 「……」

 2020/6/16 ♡114

 

ジャックは口論の末、トムを一発殴ってしまった。

トムはジャックを訴え、ジャックは50ドルの賠償金を支払うことになった。

ジャック 「100ドル札しかねえ、釣りくれよ」

トム 「釣り?ねえよ」

ジャック 「じゃあ、全部取っときな!」

そう言うと、ジャックはトムを思い切りぶん殴った。

 2020/6/16 ♡57

 

「生産性向上のためには何をすればいいのでしょうか?」

「まず、会議とメールは生産物ではないことを認識してください」

「えっ………」

「仕事には必要なものですが、これに費やしている時間をいかに削減するかがポイントです。メールと会議だけの人間は何も生産してないのです」

 2020/6/16 ♡60

 

結衣ちゃんは、幼稚園の頃は女子高生になりたかった。

小学生の頃は、CAになりたかった。

中学生の頃は、教師になりたかった。

高校生の頃は、婦人警官になりたかった。

大学生の頃は、ナースになりたかった。

そんな結衣ちゃんは、なりたかった全ての職業に今は日替わりでなっています。

 2020/6/17 ♡189

 

患者 「先生、毎晩サッカーをする夢を見て大変疲れてしまいます」

医者 「夢を見るのは眠りが浅いからだ。今日からこの睡眠薬を飲みなさい。そうすればもう夢も見ずにぐっすり眠れるよ」

患者 「先生、これを飲むのは明日からでいいですか?」

医者 「なぜ?」

患者 「今夜は決勝戦なんですよ」

 2020/6/17 ♡69

 

「私、ある男性にプロポーズされたの」

「おめでとう!」

「彼、私を心から愛してくれるの」

「良かったわね」

「でも、彼には奥さんがいるの。ただ、彼は奥さんと別れるって言ってくれているわ」

「なら別れさせればいいのよ」

「それはいいけど、あなたとの仲が壊れるんじゃないかと心配なの」

 2020/6/17 ♡92

 

「俺の方が度胸ある」

「いや、俺の方だ」

「よし、こうなったらロシアンルーレットで決着をつけようじゃないか」

「いいだろう」

「この拳銃には弾が一発だけ入っている」

「よし、いいぜ、俺からやってやろうじゃないか」

そう言うと、男は渡されたコルトガバメントの引き金を引いた。

 2020/6/18 ♡104

 

男は女にラブレターを書いた。

「僕にはお金持ちの友人がいますが、彼のように豪邸も高級車も持っていませんし、毎晩美味しい食事を食べさせてあげる事もできませんが、貴女を一生愛し幸せにします」

返事が来た

「貴方の誠意は分かりました。でも、お友達を紹介して頂く事が私には最高の喜びです」

 2020/6/18 ♡40

 

成績が非常に悪い中学生がいた。

お母さん 「あなたはね、バカな友だちとばかり付き合っているから勉強ができないんだよ!もっと賢い子と付き合いなさい」

お母さんの忠告にしたがって、その子は賢い子と友だちになった。

その結果、その賢い子がバカになっただけだった。

 2020/6/18 ♡113

 

「君、キリスト教に入信したのか?」

「はい、そうです。色々と考えるところがありまして」

「やっぱり結婚したから奥さんの影響?」

「妻の影響と言えば影響ですが、妻は別にキリスト教徒ではありません」

「では、なぜ」

「結婚して初めて分かったのです。地獄はあると………」

 2020/6/18 ♡76

 

A「よーし、きりのいい数だけ入力したらコーヒーブレイクとするか」

B「出来ました」

A「幾つできた?」

B「500です」

A「はあ?全然きりのいい数字じゃないじゃん!」

B「えっ?」

C「はい、できました512です!」

D「はい、できました1024です」

E「少ないですが、256です」

B「………」

 2020/6/19 ♡47

 

沈没船ジョーク 船が沈みゆく時、各国の乗客を海に飛び込ませるにはどうしたらいいか?

アメリカ人には 「海に飛び込めば英雄です」

日本人には 「皆、飛び込んでます」

中国人には 「魚が泳いでます」

北朝鮮人には 「金与正さまの命令です」

韓国人には 「金与正が船を爆破しますよ」

 2020/6/19 ♡84

 

妻「あなた、悪いニュースがあるの……」

夫「一体何かね」

妻「入院しているお義母様のことなんですが……」

夫「母がどうした?」

妻「あと半年の命ですって……」

夫「何だって!」

妻「これほど悪いニュースはないわ。あと半年も待つなんて……」

夫「……」

 2020/6/19 ♡58

 

NASAが火星へ行く志願者を募った。

派遣されるのは一名のみで、そして地球へは二度と戻れない。

「報酬300万ドルならお受けしますよ」

「ほー勇気がありますね。行ったきりですよ」

「なあに、300万ドルのうち100万ドルだけ貰って、200万ドルで火星に行く人を他に探すんですよ」

 2020/6/19 ♡84

 

男 「神さま、誰にでもモテ期があるというのは本当ですか?」

神さま 「本当じゃ」

男 「私は35 歳なのですが、これまで全然モテません」

神さま 「いや、お前のモテ期は1歳の頃だったはずだが…」

男 「早すぎます、もう一度モテ期をくださいよ」

神さま 「では次は84歳の時で」

男 「……」

 2020/6/20 ♡24

 

パブロフの犬

博士「おや、どうした事だ!ベルを鳴らす前から犬が唾液を出している!これでは実験になりはしないじゃないか!」

助手「先生、犬はベルが鳴らされる条件に気付いているのですよ」

博士「ベルが鳴らされる条件?」

助手「我々が姿を見せる事ですよ」

博士「……」

 2020/6/20 ♡66