夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No59 (2020年8月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164513p:plain

 

人食い人種が会話している。

「俺、女房のお父さんが嫌いなんだ」

「そうか、それじゃあ別のやつを食えよ」

 2020/8/23 ♡22

 

アメリカと中国の対立激化の影響で在中国のアメリカ大使館周辺でデモが行われた。

デモの人々はさけんだ。

アメリカは!中国から!出て行けー」

アメリカは!中国から!出て行けー」

アメリカは!中国から!出て行けー、そしてー、俺達も連れて行けー」

 2020/8/24 ♡46

 

ママ「ねえ、結衣」

結衣ちゃん「なあに、ママ」

ママ「結衣はママと同じぐらい大きくなったら何がしたい?」

結衣ちゃん「ママと同じぐらいの大きさ?じゃあ、取り敢えずダイエットするかな」

ママ「………」

 2020/8/24 ♡68

 

ハンバーガー屋

客「ポテトのSください」

店員「申し訳ございません。ポテトSは売り切れています。ポテトのLならありますが、いかが致しましょう?」

客「ん?」

 2020/8/24 ♡92

 

客「お客様は神様だろう!」

理系店員「違います」

客「じゃあ何だよ!」

理系店員「変数x です」

客「えっ?」

理系店員「売上高 y=f(x) の値を決める変数xです」

 2020/8/25 ♡148

 

医者「貴方は心臓移植手術を受けなければいけません。こちらが心臓のカタログになります。どれがいいですか?」

患者「殆ど500 万円以上するじゃないですか!……おやこれは5万円だ。これがいい!」

医者「それは元新聞記者の心臓ですね」

患者「どうして安いんです?」

医者「ハートがないんで」

 2020/8/25 ♡108

 

「きゃぁぁぁぁぁぁあああ!!!」

「一体どうしたんだ!」

「ホ、ホラー映画を見てたの…………」

「ああ、だからか」

「ち、違うの………怨霊の出す音が怖くて……」

「それで?」

「TVのリモコンで音量を小さくしよとしたら画面に………」

「?」

「オンリョウ…って出たのよ!」

「……」

 2020/8/25 ♡63

 

イケメン彼氏「お義父さん…」

彼女の父「君にお義父さんと呼ばれる筋合いはない!」

イケメン彼氏「では何と?」

彼女の父「雄三って呼び捨てにして……」

イケメン彼氏「り、両刀使い?…………」

 2020/8/25 ♡31

 

「子ども以外の大人に年齢を聞いてはいけない」

「どうしてですか?」

「必ず『いくつに見ます?』と逆襲してくるやつがいるからだ」

「ああ、確かに」

「そう聞いてくるやつは必ず実年齢より若いつもりだから下手な年齢を言えば必ず不機嫌になる」

 2020/8/26 ♡65

 

「ママ、コロの毛がすごい抜けるよ」

「犬は夏が来る前に毛が生え変わるのよ。夏への準備よ」

「ふーん」

後日

「パパも夏が来る準備をしているの?」

「えっ?何のことだい?」

「毛がたくさん抜けているから」

「……」

 2020/8/26 ♡59

 

娘「お父さんのあのファッション何?」

母「ああ、ちょいワルオヤジを気取ってんのよ」

娘「なにそれ?」

母「昔流行った言葉よ」

娘「ちょいワルオヤジって、脳がちょっと悪いってこと?」

母「そうよ」

 2020/8/26 ♡87

 

妊婦「出産の時は私の夫にも立ち会ってもらいたいのですが、構わないですか?」

産婦人科医「ええ、もちろん出産時には赤ちゃんの父親の立ち合いはかまいません。むしろ推奨しますよ」

妊婦「あの…………、私は夫が立ち会ってもいいかと聞いたんですけど……」

産婦人科医「…………」

 2020/8/27 ♡117

 

朝日新聞的辞書

 

政府は何もやっていない

朝日好みの行動を取っていないぞという意味

 

議論が尽くされていない

朝日好みの結論が出ていないという意味

 

国民の合意が得られていない

朝日の意見が採用されていないという意味

 

議論を呼びそうだ

朝日と左翼が騒ぐぞという脅し

 2020/8/27 ♡87

 

患者「腹が凄く痛いんです。昨日食った生牡蠣が原因かもしれない」

医者「奥さんも食べました?」

患者「いや、酒の肴に俺だけが食ったもので」

医者「ダメですよ。生ものを食うときは必ず誰かと食べなきゃ」

患者「えっ?どうして」

医者「あたった場合にそれだ!って特定できないでしょ」

 2020/8/27 ♡83

 

投手がベンチに帰ってきた。

不甲斐ない成績にベンチに蹴りを入れた。

監督「そんな事するんじゃない。足を怪我したらどうする!」

投手「か、監督、僕の体を心配して……」

監督「当たり前だ。怪我をされたらトレードに出せなくなるじゃないか!」

投手「……」

 2020/8/27 ♡65

 

変態の男がいた。

そこに妖精が現れた。

「あなたの望みを叶えてあげるわ」

「本当ですか?なら人魚を出してください。僕、人魚フェチなんです」

「わかったわ」

ポン

 

変態男の前に人魚が現れた。

男は叫んだ。

「僕は人魚フェチの変態だが、ゲイじゃない!」

人魚は雄だったのだ。

 2020/8/28 ♡23

 

弁護士が拘置所の面会室で死刑囚に言った。

「いいニュースと悪いニュースがあります」

「いい方は?」

「国会で死刑制度廃止の法案が可決されました」

「本当か!」

「来年度からこの法が施行されます」

「それで悪いニュースは?」

「今朝、法務大臣が君の死刑執行書にハンコ押しましたよ」

 2020/8/28 ♡57

 

「ああ………あの人が生きていればな……なくなってもう何年も経つが、あの人が生きてさえいればこんなことにならなかったのに…」

「誰のことだい?亡くなった誰を嘆き悲しんでいるんだい?君がそれほど愛していた人なのかい?」

「妻の前の夫だよ」

「…それってつまり………」

 2020/8/28 ♡28

 

「お父さん、どうして親子丼っていうの?」

「鶏の肉と鶏の卵を乗せて食べるからだよ」

「いえ、僕が問題にしているのはその肉になった鶏と卵が実際の親子で血縁関係にあるのかと言う問題で」

「………い、いや……実際は他人……別の鶏だと思うけど……」

「では他鶏丼と言うべきものですね」

 2020/8/28 ♡30

 

「タカシ君はリンゴを3個とみかんを4個買いました。合計で幾つでしょうか?」

「先生!」

「はい、山本君」

「違うものを足してもいいのですか?違うものも足していいんだと教えると、違う単位のものも足していいんだと覚えてしまって教育上どうかと思いますが」

「…」

 2020/8/29 ♡60

 

おもちゃ屋

「あのバービー人形はいくらですか?」

店員「お出かけバービーは1980円、マーメイドバービーは1980円、自転車乗りバービーは1980円、離婚したバービーは3980円です」

「どうして離婚バービーだけ高いんですか?」

店員「ケンからふんだくった車や家がついてくるからですよ」

「……」

 2020/8/29 ♡52

 

「女の人は嫁姑ドラマが大好きだけど、みんな必ず嫁視点で見ているわね」

「そうそう、うちのお義母さんも嫁姑ドラマが好きだけど、嫁視点で見ているとわかってゾッとしたわ」

「まだ若いつもりなのよ」

「余計寒気がするわ」

 2020/8/29 ♡36

 

妻「ねえあなた、たまにはあなたが料理してよ」

夫「よし、いいぜ。じゃあ明日作ってやる」

翌日

夫「よし、できたぞ。これが男の料理だ」

妻「ねえあなた」

夫「何だ?」

妻「料理を作ってくれるのはいいけど、なぜキャンプをしなきゃいけないの?」

夫「やっぱり男の料理は野外でないと」

 2020/8/30 ♡42

 

男「モテるヘアースタイルにしてください。しかもトレンドの最先端のがいいです。あとは美容師さんにお任せします」

美容師「では、全て任せてもらえますか?」

男「はい」

……

男「このヘアースタイルは?」

美容師「渋沢栄一カットです」

男「渋沢栄一……」

美容師「これからモテます」

 2020/8/30 ♡25

 

宗教勧誘

勧誘員 「あなたは神を信じますか?祈れば救われますよ」

男 「何かあった時は祈るだけ?」

勧誘員 「お布施とお祈りです」

男 「ダメだよ。祈るだけじゃあ。何かの時に備えてまず保険でしょ」

勧誘員 「……」

男 「私、保険会社に勤めてるんですけど、まず生命保険はこれで…」

 2020/8/30 ♡80

 

女の友情、男の友情

 

妻が外泊し、夫に「女友達の家に泊まった」と言った。

夫が妻の友人達に電話してみると、誰も知らなかった。

 

夫が外泊し、妻に「男友達の家に泊まった」と言った。

妻が夫の友人達に電話して聞いてみると、8人が「うちに泊まった」と言い、そして2人は「まだ家にいる」と言った。

 2020/8/31 ♡122

 

女が友人に愚痴を言っていた。

女「私の夫は毎日、1000円だ、1500円だ、2000円だってお小遣いを要求してくるのよ。交通費と昼食代は上げているのによ」

友人「旦那さんはそのお金を何に使っているの?」

女「さあ知らない。あげたことないから」

友人「………」

 2020/8/31 ♡49

 

見知らぬ美人が男に挨拶してきた。

男「僕を知ってるの?」

美人「ええ、たぶん。私の子供達のうちの一人のお父さんでしょ?」

男「えっ…………そ、それじゃあ、まさか、あの時のソープの……」

美人は困惑して言った。

美人「いえ、私は息子さんのクラスの担任です」

 2020/8/31 ♡51

 

男A「うわー、恥ずかしい!穴があったら入りてえよ…………」

男B「あのー、僕の穴でよかったら………その……どうぞ……」

男A「………嫌、すまん、それはないです………」

 2020/8/31 ♡26

 

「今、弱ってんだ。うちの息子が水商売の女を孕ませちまったんだよ」

「えっ、君の息子ってまだ小さかったんじゃないのか?」

「未だ6歳だ」

「6歳でそんなことが可能なのか?」

「いや、なに、あの悪戯小僧が俺の服のポケットに入っていたコンドームに針で穴を開けやがったのさ」

「……」

 2020/9/1 ♡41

 

ある国の女王が牛の品評会に来た。

女王 「雄牛の種付け頻度は?」

側近 「一日に6回でございます」

女王 「この事実を王に伝えておいて」

今度は王が牛の品評会に来た。

王 「雄牛は毎回同じ雌牛と交配するのか?」

側近 「毎回違った雌牛とでございます」

王 「その事実を妻に伝えておけ」

 2020/9/1 ♡66