夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No62 (2020年9月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164131j:plain

 

今の学生に言いたい事

Facebookはあまり活用しない方がいいし、Instagram は本名でやらない方がいいよ」

「どうしてですか?」

「就職したら、こっそり君の名前を検索する上司はいるし、こっそり君の名前を検索する顧客もいるからね」

「うわ、怖いー」

「社会人は学生より陰湿だからね」

 2020/9/20 ♡92

 

男が叫んだ。

「バイデンなんて馬のケツだぜ!」

「おい、それはこの土地じゃ喧嘩を売るセリフだぜ!」

「すみません、ここの皆さんがバイデンを好きとは知りませんでした」

「そうじゃねえ、馬が好きなんだ。好色老いぼれジジイのバイデンなんか好きになるわけねえだろう!」

 2020/9/20 ♡55

 

夫「愛してるよ、俺は一度も他の女と浮気したことがないよ」

妻「私も愛してるわ、私も同じよ、私も他の女とは浮気したことないわ」

夫「なに?他の女とだって!なら男とならあるのか!」

妻「なによ!あなただって他の男とならあるの!」

 2020/9/20 ♡86

 

「俺の将来を占ってくれ」

占い師「そうですね…あなたは40歳まで貧乏に苦めらますね…」

「40歳まで?…で、それ以後は?」

占い師「それ以後は苦しむことはないようです」

「じゃあ40歳に成功して金持ちになるってことだな?」

占い師「いえ、貧乏に慣れてしまって苦しむことがなくなるんです」

 2020/9/21 ♡78

 

交番に一人の女性がやってきた。

「ジョンが行方不明なんです」

「ジョンって?」

「シェットランドシープドックです」

「近所に張り紙すればどうですか?後、SNSで呼びかけるとか?」

「でもジョンは字が読めないんです!」

「………」

 2020/9/21 ♡51

 

「エレベーターで操作パネルの前に立ち、乗り降りの際に「開」ボタンを押しながら『どうぞ』と出る順番を譲る気遣いみせるやついるよね」

「ああ、いるね」

「細いやつだと別にいいんだけどさ、デブだとかえって邪魔にならない?」

「なるなる!」

「感謝乞食は迷惑だよな」

「ああ」

 2020/9/21 ♡25

 

その会社に中途採用された男はしばらくして人事部長に呼ばれた。

人事部長「君がこの仕事に応募してきたとき、君は5年の経験があると言ったな?だが、それは嘘だった。これはいったい、ど言うわけだ!」

男「でも、募集広告には『想像力豊かな人材求む』って書いてありましたよ」

 2020/9/21 ♡96

 

「彼氏がバックから入れようとしたの………」

「えっ、後ろから?」

「その方がすぐだせるからだって……」

「すぐにだせるからだなんて………」

「それで、なかなか入らなかったの……」

「へー」

「何回もやり直すのよ」

「うまく誘導してあげなきゃ」

「どうやって」

「車を降りて」

 2020/9/22 ♡67

 

「君は確か独身だろう?」

「ええ、そうですよ」

「なぜ左手薬指に結婚指輪をしているんだね」

「これは男除けですよ」

「男除け?」

「勘違い男が寄ってこないようにしているんです。こんな会社の中で独身をアピールしてもしょうがないですからね」

「………」

 2020/9/22 ♡82

 

検事「被告が現場にいたのを見たという証人は5人もいるのです」

裁判官「被告人、何か言うことはありますか?」

被告「はい、異議があります。見ていた人間は5人かもしれませんが、見ていなかった人間はこの街に1万人以上はいます」

 2020/9/23 ♡58

 

ある男が歩道を歩いていると、向こうからもう一人の男が歩いてくる。

二人とも脚を引きずっていた。

「やあ、俺はこの脚は17年前にイラク戦争でやっちまったんだ。あんたもイラクかい?それともアフガンかい?」

「17ヤード手前の犬の糞だよ!」

 2020/9/23 ♡43

 

「いいか就活する時にはくれぐれも慎重に会社を選ぶんだぞ」

「わかってますよ。でもブラック企業に就職してしまってもすぐ辞めて次を探せばいいだけじゃないんですか?」

「いや一度ブラックに染まってしまったらな、しばらく無職(無色)でいて充分に脱色しないとダメなんだよ」

 2020/9/23 ♡82

 

「会議でさ、部長や顧問が『もっとコストダウンしろ!』って叫ぶ度にある考えが頭によぎるんだよ」

「どんな事?」

「こいつら偉い奴をリストラして組織をスリムにしたら、コストダウンしなくていいんじゃないか?って事」

「そうだな、そうかもしれない。無駄な上役が多すぎる」

 2020/9/24 ♡78

 

課長「人手が足りない」

人事「中途採用しましょうか?」

課長「そうだな」

人事「どんな人がいいです?」

課長「経験豊富で即戦力、でも若い奴がいい、素直で人付き合いもいい常識的な奴でまだウブなやつがいいです」

人事「人妻の処女でも捜せって言ってます?」

 2020/9/24 ♡194

 

先生「たかし君は、120円のリンゴを買うのに500円払いました。お釣りはいくらですか?」

生徒「意味がわかりません」

先生「えっ?」

生徒「なぜ120円の買い物に500 円払うんですか?」

先生「現金で買い物した事ないの?」

生徒「ありません。電子マネーしか使った事ないので」

先生「……」

 2020/9/25 ♡100

 

高齢者「クルマ離れだ、お酒離れだ、結婚離れだ、新聞離れだと、一体若者は何にお金を使っとるんだ!下らん事にお金を使ってるんじゃないのか!」

若者「まず、税金と年金ですね………税金も所得税だけでなく、10%の消費税があるし………」

 2020/9/25 ♡157

 

「課長、禁煙した方がいいですよ」

「辞めたらいい事でもあるのか?」

「嗅覚が鋭くなります」

「それの何がいいんだ!」

「例えば課長の身体からは煙草の匂いがぷんぷんしますが、ほのかに香水の香りもします。この匂いは確か、総務の山本さんがつけている物と同じ…までわかるようになります」

 2020/9/25 ♡103

 

弁護士と牧師が同じ日に天国へ来た。

弁護士に用意された部屋は広くて立派。

牧師の部屋はみすぼらしい部屋だった。

牧師 「私は神に仕えてきたのにこのようなみすぼらしい部屋で、どうして弁護士にはいい部屋なのですか?」

天使 「ここには牧師は沢山いるが、彼は天国で初めての弁護士だからね」

 2020/9/26 ♡179

 

子ども「大人はいいよね。お酒が飲めるし、辛いものでも食べられるし」

大人「いや、子どもの方がいいかもしれないぜ」

子ども「どうして?」

大人「アイスクリームやチョコレートをいくらでも食べられるだろう?大人になるとそれができなくなるんだよ。すぐ太っちゃから」

 2020/9/26 ♡53

 

課長「人間、歳をとると何回も同じ話をするんだな。うちの部長も何回も同じ話をしやがる」

平社員「課長、その話私は5回は聞きました」

 2020/9/26 ♡129

 

「業務時間中にいくら考えても試しても分からないバグが、家に早く帰ってお風呂に入って何も考えてない時、いきなり天から啓示を受けて原因が閃く事があるね」

「ああ、あるね」

「そうすると業務が進むだろう?」

「そうだね」

「だから残業は無くした方がいいのにね」

 2020/9/27 ♡70

 

「パパ、このおもちゃが欲しいの……」

「このおもちゃは高いだろう?今はそんなお金ないよ」

「じゃあ、私にいい考えがあるの!」

「何だい?」

「今、土日はパパはいつもお家でゴロゴロしているでしょ?だから土日もパパが会社に行けばおもちゃを買うお金ができるでしょ?」

「……………」

 2020/9/27 ♡44

 

店長「お店に出る場合は左手薬指にこの指輪をして下さい」

新入りバイト「結婚指輪ですか?」

店「偽装のナンパ除けです。全てのナンパを防止する事はできないけど、だいぶ軽減されます」

新「へー」

店「今時はいい年したおっさんがナンパしてくるんで気をつけて下さい」

新「キモいですね」

 2020/9/28 ♡75

 

「私は『死にたい』と思った時には『殺してやりたい』と変換する事にしてるんです」

「えっ、殺す?」

「学校でいじめられた時にはいじめっ子を、会社で怒鳴られた時には上司を、頭の中で残虐な方法で殺すことを想像して殺意を駆り立てるんです」

「………」

「私はそうやって生き延びてきました」

 2020/9/28 ♡101

 

桃太郎は犬に会いました

吉備団子を上げて家来にしました。

次に猿に会いました

吉備団子を上げて家来にしました。

次に雉に会いました

吉備団子を上げて家来にしました。

次に猫に会いました。

吉備団子を上げると遊んで貰えました。

其の内、鬼退治は面倒になり辞めてしまいましたとさ。

 2020/9/29 ♡29

 

無能経営者「今は人手不足ですね。やる気のある使える若者がいません。今の若い奴はダメですね」

有能経営者「給与を相場より高めにして、残業をなくし休日を多くすれば優秀な若者はすぐにきます。給与が高ければみんなやる気を出してくれますし、時間に余裕があればみんな自分で勉強してくれますよ」

 2020/9/29 ♡160

 

電車の中で一人の女性がメイクをしていた。

隣の男性「もしもし………」

メイクの女性「はぁ?何ですか?」

隣の男性「ハロウインは未だですよ」

メイクの女性「はぁ?」

隣の男性「だからハロウインは未だですよ。だから必死に仮装しなくても……」

メイクの女性「………」

 2020/9/30 ♡67

 

「もうすぐ結婚するんですけど、料理のレパートリーが少なくて不安なんです。どうしたらいいでしょうか?」

「唐揚げはできる?」

「それはできます」

「なら大丈夫よ。男は唐揚げと缶チュウハイさえ有れば文句は言わないから。唐揚げさえできれば凝った料理は必要ないのよ」

「そうなんだ……」

 2020/9/30 ♡76

 

「君は店員さんに聞かれる前に、『袋入りません、ポイントカードないです、箸つけてください』って先に言うね」

「その方が親切でしょ?」

「店員さんは一日に何百人と接客する為頭の中でアルゴリズムを組み立てて処理してるんだよ。そのアルゴリズムを乱すようなことしたらかえって迷惑だよ」

 2020/10/01 ♡59

 

オペレーター「はい、◯◯電機技術問い合わせ窓口です」

客「使っているエアコンの問い合わせなんやけど…」

オ「型式はなんでしょうか?」

客「AN2FGなんやけど…」

オ「あっ、それは他社製品ですね。こちらでは承りかねます」

客「ゴラァ!おんなじようなもんやろ!」

オ「……………」

 2020/10/01 ♡51

 

ドラキュラがバーへやってきた。

ドラキュラ「鮮血をもらおうか」

マスター「どうぞ」

ド「うむ。ゴクゴク………む、これは本物の鮮血ではないな!血液クレンジングで誤魔化しているだけだろう!」

マ「す、すいません、旦那…つい……」

ド「偽インフルエンサーのような真似はするな!」

 2020/10/02 ♡21