夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No67 (2020年11月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164304j:plain

 

精子1「よし、行くぞ」

精子2「泳ぎは苦手なんだな」

精子1「何言ってんだ! 泳がなければ卵子に行けないじゃないか」

精子2「そうだな」

精子2「ところで今どの辺だろう?女の体の中である事は確かだが……」

精子1「ああ、あれが扁桃腺だ。とにかく卵子を目指すんだ」

 2020/11/13 ♡67

 

男「最近、うちの犬が発情しやがってよ」

友「君の犬は雄じゃないのかい?」

男「きっとどこかで発情したメス犬とやってやがるんだよ。俺が見るとあいつ、まだ勃たせてやがる時があるんだ」

友「じゃあ、先っぽに毒でも塗っておきな。相手のメス犬が死んでやめるだろう」

結果、男の妻が死んだ。

 2020/11/13 ♡26

 

男A「アメリカの大統領選では死者が投票してるそうじゃねえか?」

男B「そうだな」

男A「で、その死者の票が揃いも揃ってバイデン票なのはどう言うこった?」

男B「奴らもバイデンが当選すればゴーストタウンが増えるとわかっているからさ!」

男A「なるほど……」

 2020/11/14 ♡121

 

SNSなどで『子育て』に頑張っている自分を表現したくて自分の子どもの写真をアップしている人達って何なのでしょうか?」

「子どもの人権侵害だね」

「子どもを自分の所有物と思っているでしょうか?」

「消す事ができないデジタルタトゥーを残して子どもの人生を狂わせる。鬼畜ですよ」

 2020/11/14 ♡36

 

ある医院に電話がかかってきた。

男「先生、どうしたらいいんでしょうか!赤ん坊がコンドームを飲み込んじまったんです!」

医者「じゃあ、今すぐ往診に行きます!」

医者が慌てて医院を出ようとする時に、さっきの男からもう一度電話があった。

男「予備のコンドームがあったからもういいです」

 2020/11/14 ♡32

 

南極基地

隊員A「この大きな樽に穴があるだろう。そこになにを入れればいい」

隊員Bは言われるままにすると、とんでもない快感があり、あっと言う間に昇天した。

B「とてもよかった」

A「水曜以外は自由に使っていいよ」

B「どうして水曜はだめなんだ?」

A「水曜は君が樽の中に入る番だからだ」

 2020/11/14 ♡37

 

ヒトラードーヴァー海峡の岸に立ち言った。

ヒトラー 「この忌々しい海をどうやって渡ったらいいだろう」

ゲッベルス 「その昔、モーゼは杖を使って紅海の水を分けたそうです」

ヒ「その杖を使えばいいのか?」

ゲ「はい」

ヒ「それはどこにある?」

ゲ「大英博物館だそうです」

ヒ「……」

 2020/11/15 ♡64

 

幹事「今度から飲み会にルールを設けました。管理職の皆さんもルールを守って頂けるよう徹底お願いします」

課長「ルールって?」

幹事「昔話しない、説教しない、人脈を自慢しない、所持品(車、バイク含む)を自慢しない、その他自慢しない、地位を振りかざさない、です」

課長「……」

 2020/11/15 ♡45

 

ガイド「熊除けに各自この鈴を身に付けてください」

登山客「これで熊が襲ってこないわけですね」

ガイド「いえ、襲いますよ」

登山客「じゃあ、何でこんなものをつけさせる」

ガイド「誰かが食われたら、鈴の音で熊の接近がわかるでしょ?」

 2020/11/15 ♡54

 

男は交通事故に合い、緊急手術を受けた。

目覚めた男は言った。

男「俺の足に感覚がない。触ろうとしても足がない!」

医者「安心して下さい。足は両足ちゃんとありますよ」

男「そ、そうか……よかった…」

医者「触ろうとした手がもう無いだけですから」

 2020/11/15 ♡33

 

パイロット「パイロットから管制官へ、パイロットから管制官へ……」

管制官「こちら管制官……」

パ「大西洋上空500マイルでエンジン故障、指示を請う」

菅「管制官からパイロットへ、こちらの言うことを反復せよ」

パ「了解」

菅「天にまします我らの父よ……」

パ「………」

 2020/11/16 ♡74

 

日本の企業の社長の年頭訓辞がアメリカの支社にも配信された。

アメリカでは日本語のわかる通訳が同時通訳で英語にする事にしていた。

企業社長「我が社は昨今のグローバル化の進展に伴い、エクセレントカンパニーとしての……」

通訳「……クソ!何を言っているのかさっぱりわからない!」

 2020/11/16 ♡43

 

二人のご婦人がおやつにバナナを食べていた。

突然、一人の夫人が泣き出した。

「一体、どうしたの?」

「バナナを食べていたら亡くなった主人を思い出したの!」

「バナナと同じぐらい長かったの?」

「違うわ!これと同じぐらい柔らかかったの!」

 2020/11/16 ♡34

 

なんでも知っている占い師

女「私、結婚できるかどうか占って……」

占い師「そうですね……1年後に貴女が赤ちゃんを抱いている姿が目に浮かびますね」

女「良かった!私、もうすぐ結婚できるんだ!」

占い師「いえ、私は貴女が結婚した姿が見えるとは言ってませんよ。勘違いされないように…」

 2020/11/17 ♡41

 

Q.クレーマーと転売ヤーと新聞記者が洪水に飲まれてしまいました。誰が先に溺れたでしょうか?

 

A.そんなクズどもが溺れて誰が気にするって言うんだい?

 2020/11/17 ♡69

 

「1+1はいくつですか?」

一般人「2です」

数学者「+2です」

プログラマー「10です」

統計学者「およそ2です」

経済学者「1+1は5の時代が到来します!」

経理屋「いくつにしたいのですか?」

 2020/11/17 ♡107

 

NFLスーパーボールの前日

A「明日、チームが勝てるならば、俺は俺の命なんか惜しくないぜ!お前はどうだ?」

B「もちろん僕も一緒さ。チームが勝てるならば君の命なんか惜しくないぜ!」

 2020/11/17 ♡42

 

パパ「ジュンは大きくなったら何になるんだ?」

子「僕、仮面ライダーになる!」

パパ(まだまだ幼稚園児の発想だな……ふふふ)

子「その為にはオーディションを受けて合格しないといけないし、アクションシーンとかこなせる身体能力を養っておかないと……」

パパ「げ、現実的だったのか……」

 2020/11/18 ♡59

 

警官「奥さん、ご遺体の確認をお願いします」

妻「こんな変わり果てた姿では、主人かどうかなんてとても判別つきません」

警官「では、無傷の下半身で確認できませんか?」

妻「さあ、見ただけでは……そうだわ!!」

そう言うと奥さんは下半身の一物を咥えてしまった。

妻「主人です!」

 2020/11/18 ♡46

 

「知ってる?インスタ女子はインスタ映えするイケメンを彼氏にしたい人が多いらしいよ」

「じゃあTwitter女子は?」

「やはりTwitterのネタになる面白い事を言う面白い人を彼氏にしたいそうだ」

「じゃあFacebook女子は?」

「よせよ!Facebookに若い本物の女の子がいる訳ないだろう!」

 2020/11/18 ♡78

 

警官「警部、犯人は依然人質を取ったまま立て篭もっています!」

警部「それで、人質の身元はわかったのか?」

警官「は!人質は偶然居合わせた新聞記者だけだそうです」

警部「新聞記者だけ?よし突撃の準備だ!」

警官「交渉しないので?」

警部「多少の犠牲はやむを得ん!」

 2020/11/19 ♡100

 

妻A「夫の健康管理とかどうしてる?」

妻B「とにかく脂っこい好きなもの食べさせて、ビールや酎ハイを好きなだけ与えておけばいいのよ」

妻A「そうなの?」

妻B「そうすれば定年過ぎて役立たずになった頃にはコロッと逝ってくれるわよ」

妻A「そうね!」

 2020/11/19 ♡28

 

男A「俺が外に出かける時の車はポルシェだぜ!1000万円はするぜ!」

男B「僕が外に出かける時の車は2000万円するよ」

男A「えっ………凄い…………何に乗って出かけるんだ?」

男B「ノンステップバスさ………ISUZU だぜ!」

 2020/11/19 ♡106

 

弁護士が牧場の子牛を車ではねて死なせてしまった。

「この牛はいくらですか?弁償します」

「今は200ドルだが、5年もすれば900ドルの値がつくはずだったんだ。だから900ドル払ってくれ!」

弁護士は小切手を書いて渡した。

「では900ドルの小切手です。5年先の日付にしておきました」

 2020/11/19 ♡81

 

ゲイ「実は俺、ゲイなんだ!」

男「!!」

ゲイ「お、驚かせてすまない……」

男「えー、マジで怖いんだけど……俺を狙ってんの?」

ゲイ「いや、それは大丈夫。ゲイだって好みがあるんだよ。お前が可愛い子じゃないと無理って言っているように、俺だってイケメンじゃないと無理だから!」

 2020/11/22 ♡72

 

メーカーの勘のいい技術相談窓口オペレーター

客「何もしてないのに壊れたんですけど…」

オぺレーター「動物は飼ってらっしゃいますか?」

客「はあ?」

オ「動物は飼っていらっしゃいますか?」

客「ハムスターを…」

オ「散歩させてます?」

客「はい……」

オ「コードを確認して下さい」

 2020/11/22 ♡67

 

子「ママ、毎日の糧が得られるのは神さまのおかげなの?」

ママ「そうよ」

子「クリスマスにプレゼントくれるのはサンタさん?」

ママ「そうよ」

子「赤ちゃんはコウノトリが連れてくるの?」

ママ「そうよ」

子「じゃあ、パパってなんの役にも立ってないの?」

 2020/11/22 ♡115

 

「どんな分野でもそこには圧倒的に才能を持ったやつがいてトップに君臨している。世の中不公平だよな」

「いや、彼らは多分初めてじゃないのさ」

「と言うと?」

「彼らは人間1周目じゃないのさ。人間何周も同じ分野に挑戦し続けて、やっとトップに立つ才能を獲得したんだよ」

「なるほど……」

 2020/11/22 ♡26

 

女A「誕生日は第二誕生日、第三誕生日もあらかじめ用意しておくのよ」

女B「どうしてですか?」

女A「例えば、三人の男と同時に付き合う事になっても、三つの誕生日を回せば、三人ともバースデーデートできるし、バースデーデートすれば、まさか二股三股と思われないからよ」

女B「………」

 2020/11/23 ♡53

 

バーにて

A「よお!」

B「…」

A「お前のママ、なかなか美人だよな」

B「…」

A「それにおっぱいがでかい…」

B「だから?」

A「実はな、昨日俺はお前のママを抱いてやったぜ!」

B「…」

A「へへへ、よかったぜ…俺の◯◯◯を咥えやがって」

B「飲み過ぎだよ!もう家に帰れよ!父ちゃん!」

 2020/11/23 ♡58

 

娼婦「ジョー、できるの?」

バイデ◯「できるさ!」

だが、さすがの彼も歳で勃起できない。

なので、こっそり隠し持っていたディルドを娼婦に入れよとした。

だが、ばれた。

娼婦「この糞爺!何を入れようとするんだよ!あんたelection(選挙)だけでなく、erection (勃起)も不正するのかよ!」

 2020/11/23 ♡117