夏秋令のツイート集

このブログは私、夏秋令@ReiNatsuakiがTwitterでツイートしたジョークを格納しています。

ジョーク集 No69 (2020年12月)

 

f:id:natsuakirei:20210301164336j:plain

 

男「いいかい、入れるよ」

女「い、いいわ」

男「ゆっくり入れるから」

女「あッ」

男「どう?まだ先っちょだけど」

女「だ、大丈夫」

男「じゃあ、思い切って、奥まで入れてみるね」

女「い、痛い!やめて!」

男「うーん、だめか……やはりもうひとつ上のサイズのブーツにすれば?」

 2020/12/3 ♡27

 

面接官「何か得意な言語はありますか?」

就活生「はい、私はアメリカに留学してましたので英語を少々」

面接官「貴方は私の質問の意図が分かってませんね?」

就活生「と、言いますと?」

面接官「我が社はIT企業で、我が社が募集しているのはプログラマーですよ」

 2020/12/3 ♡65

 

先輩「この前、合コン行ったんだろう?」

後輩「はい、行きました。男は僕を含めて6人、女の子は4人でしたね」

先輩「それじゃあ、女の子の取り合いじゃないか?」

後輩「いえ、最後は全員カップルになりましたよ」

先輩「えっ?」

後輩「愛の形は色々ですよ」

 2020/12/4 ♡51

 

「芸能人ってプライベートではみんなサングラスしているね」

「ああ、帽子で隠す人もいるし。芸能人って分かるとサインしてくれとか写真を撮らせてくれとかうるさいからだろう」

「でも、中にはおそらく素顔で堂々としている人もいるよ」

「誰だ?」

デーモン閣下

「……」

 2020/12/4 ♡40

 

先生「人間の器官で聴く為にあるものは何ですか?」

生徒「耳」

先生「臭いを嗅ぐ為にある器官は何ですか?」

生徒「鼻」

先生「見る為にある器官は何ですか?」

生徒「目と耳と鼻」

先生「どうして?目だけでしょう?」

生徒「先生は眼鏡をかけているじゃないですか?鼻と耳もいるでしょう?」

 2020/12/4 ♡39

 

病院の診療所にセクシーなブロンド美女がやって来た。

美女「頭痛が酷いんですけど」

医者「分かりました。調べましょう。服を全部脱いでください」

美女「えっ…? 痛むのは頭なんですよ?」

医者「分かっています」

美女は全裸になった。

医者「思ったとおりだ。 原因は髪染め剤です」

 2020/12/4 ♡43

 

母「ネットだけで知り合った人と会うのはやめなさい」

娘「どうして?」

母「危ないからよ」

娘「学校で習ったんだけど……」

母「?」

娘「平安時代は姿を見ずに短歌のやり取りだけで恋愛してたんだって……」

母「!」

娘「だから現代人がネットだけで恋愛するのも当然かと…」

母「………」

 2020/12/5 ♡72

 

面接

就活生「事故紹介させて頂きますと…」

面接官「えっ」

就「えっ?では死亡理由を…」

面「えっ」

就「私が恩赦を受けたのは……」

面「えっ」

就「御社の社員に轢かれたからで…」

面「えっ………ちょっと待って下さい。訳がわからなくなってきました」

就「まだ何も言ってませんよ」

 2020/12/5 ♡49

 

80歳大富豪が20歳の美人と結婚した。

「失礼ですが、いくら大富豪とはいえあんなに年下の女性を口説き落とすなんて。なんと言ってプロポーズしたのですか?」

「簡単だよ、年齢のサバ読んだのさ」

「えっ、60歳とでも言ったのですか?」

「馬鹿な!90歳って言ったんだよ!」

 2020/12/5 ♡134

 

ある年配の夫婦が今までの夫婦生活を思い返していた。

突然妻が夫の頭を叩いた。

夫「何をするんだ!」

妻「あなたは一度も上手なHをしなかったじゃない!」

こう言われて夫は下を向いて黙ってしまったが、何かを思い出すと今度は夫が妻を叩いた。

夫「なんでお前は上手なHを知ってるんだ!」

 2020/12/6 ♡68

 

生徒A「どうしたんだ、暗い顔して」

生徒B「電子辞書をどこかに置き忘れて失くしてしまったらしいんだ」

生徒A「そうか……」

生徒B「あれは便利だったのに………」

生徒A「でもポジティブにならないといけないよ」

生徒A「どうして?」

生徒B「電子を失ったんだろう?」

生徒A「……」

 2020/12/6 ♡35

 

「3つの単語を使った英語の表現で、世界で一番よく印刷に使われているのは何か知っている?」

「それは、I love youだろう?」

「残念だが、ちがう」

「じゃあ、正解は?」

「Made in China 」

 2020/12/6 ♡62

 

三人のスポーツ審判員が、誰が一番大変か議論している。

野球の審判は言った。

「私は150キロ以上の速さの物体を見極める」

テニスの審判は言った。

「私は250キロ以上の速さの物体を見極める」

相撲の行司は言った。

「私は合わせて400キロ以上の物体の動きを見極める」

 2020/12/7 ♡56

 

夫とは 夫は簡単な修理が好きだ。

例えば水道の栓のパッキンを取り替える、みたいな簡単な事だ。

修理が終わるとそれがどんなに大変な仕事だったかを延々としゃべるのが好きだ。

そして、まるで屁を純金に変える機械を発明した英雄のように扱われたがるのだ。

 2020/12/7 ♡26

 

朝日新聞社

「読売新聞は購読者の為に巨人という球団がある」

「はい」

中日新聞は購読者の為に中日という球団がある」

「はい」

「我が朝日も購読者の為にプロ野球の球団を持つ事を検討しよう」

「持つとしたらパリーグですか?セリーグですか?」

「購読者が喜ぶようにKBOリーグだよ」

 2020/12/7 ♡29

 

店員「こちらお代金は73500円になります」

客「じゃあ、これ10万円。お釣り26500円くれる?」

店員「えっ……あ、あの………」

客「何?お釣りの計算間違えていないでしょ」

店員「いえ、あの…………」

客「早く精算してよ」

店員「………」

 2020/12/8 ♡53

 

拷問係「おい、いい加減に白状したらどうだ」

囚人「………」

拷問係「まだ吐かないのならもっと地獄を味合わせてやるぞ」

囚人「………」

拷問係「クソ、参った……降参だ……だが一つだけ教えてくれ。お前はなぜそんなに我慢強いんだ?」

囚人「……三回も結婚したから……」

 2020/12/8 ♡74

 

男がタバコを吸ってた。

その男の彼女はその煙に苛立ち、言った。

「タバコの箱の警告が見えないの?!喫煙はあなたの健康に害があるのよ!」

男は答えた。

「僕はプログラマーだからね。警告は気にしないんだ。気にするのはエラーだけだよ」

 2020/12/8 ♡92

 

ある男が少年に呼びとめられた。

「おじさん、今1ドル落としませんでしたか?」

男はポケットを探って言った。

「ああ落としたようだ。坊や、拾ってくれたのかい?」

「いいえ」

少年は手帳を取り出し、なにか書きながら言った。

「ボクたち、この町に何人ウソつきがいるか調査しているんです」

 2020/12/9 ♡72

 

とてもウブな女の子が結婚して初夜を迎えました。

もちろん恥ずかしいので電気を消したまましました。

その翌朝 夫がシャワーから出てきて、初めて勃起していないチン◯を見た時。

妻「その突起はなあに?」

夫「昨日、さんざん楽しんだものだよ」

妻「もうそれだけしか残っていないの?」

 2020/12/9 ♡37

 

子「ママ、私、ママのお腹の中にいた時のこと覚えているよ」

ママ「まあ、ほんと?」

子「暖かくて、過ごしやすくて、秋みたいな感じだったよ」

ママ「秋?暖かかったら春みたいじゃないの?」

子「だって、時々マツタケが生えてきたから」

ママ「………」

 2020/12/9 ♡55

 

婚活カウンセラー「どんな人がタイプなの?」

女「とにかく話が合う人ですね」

婚「そうね。話が合うというのは重要だけどもっと重要な事があるのよ」

女「何ですか?」

婚「黙っていても合う人よ」

女「!」

婚「黙っていても合う人はお互いに疲れないから長続きするのよ」

女「なるほど」

 2020/12/10 ♡45

 

妹「ねえ、お姉ちゃん、どうやって男を落としたらいいの?」

姉「下駄箱に『◯時に学校の屋上で会いたい』って書いたラブレターを入れておくの」

妹「古典的ね……」

姉「それで◯時に学校の屋上に行って彼が待ってたら……」

妹「待ってたら?」

姉「そのまま突き落とせばいいよ」

妹「……」

 2020/12/10 ♡92

 

「遂に人間の思考そっくりの事を考えるAIが開発されたそうだ」

「へー、さぞかし役に立つんだろうな」

「それがそうでもないらしい」

「どうして?」

「よくミスをするし、ミスをした事をすぐに他のAIのせいにするそうだ」

 2020/12/10 ♡67

 

1.

婚活女性「普通の男性と出逢いたいんです」

アドバイザー「普通の男性と出会うのは普通の女性ですよ」

 

2.

婚活女性「いい男と出逢いたいんです」

アドバイザー「いい男はいい女のところにいますよ」

 

3.

婚活女性「白馬の王子さまと結婚したいんです」

アドバイザー「この写真の人ですか?」

f:id:natsuakirei:20210223103723j:plain

 2020/12/10 ♡71

 

先生「山本君、宿題はやってきましたか?」

山本君「はい!先生!」

先生「山本君、まさかお父さんに宿題を手伝ってもらったりしてないでしょうね」

山本君「まさか……」

先生「そう、それならいいわ」

山本君「そんな中途半端な事していませんよ。全てパパにやってもらいましたから」

 2020/12/11 ♡41

 

ストラーダを卒業して初めて自転車に乗る幼稚園児

パパ「さあ、地面を蹴ってばかりいないで漕いでみろ」

子「パパ、怖いよ〜」

パパ「何?怖がりだなあ。そんな意気地なしはパパの子じゃないないぞ!」

子「パパ、それは内緒なんだよ。ママが誰にも言っちゃダメだよって言ってたよ」

パパ「えっ」

 2020/12/11 ♡65

 

女「先生、最近、夫のチン◯が勃たないんですよ。何か薬はないですか?」

医者「そうですね、薬より食事制限と運動の方がいいでしょう」

女「それを夫にさせれば勃つようになるんですか?」

医者「食事制限と運動をするのは奥さん、貴女です。奥さんみたいに太ったら男は勃つものも勃ちませんよ」

 2020/12/11 ♡79

 

娘「ママ、パパのお腹が何であんなに大きいか、知っている?」

ママ「ビールの飲み過ぎでしょ」

娘「違うわ。私、知っているもん。パパのお腹がどうしてあんなに膨らんでいるかと言うと………メイドのキャサリンが膨らませているからよ」

ママ「なに!」

 2020/12/11 ♡29

 

国語の古典の授業

先生「おい、山本。この部分を現代文に訳してみろ」

生徒「え……と………わかりません……」

先生「もっと勉強しろよ」

生徒「でも先生、そんな難しい古典なんて何の役に立つと言うんですか?」

先生「少なくとも先生にとっては、これは飯の種として役に立っている」

 2020/12/12 ♡102

 

男「先生、性病の検査をして下さい」

医者「また、どうしたのですか?」

男「実は女房が性病に罹っている事がわかって」

医者「なんだって!それじゃあ、私も検査しないと」

男「なに!」

 2020/12/12 ♡54